10月1日から乳がん月間! 検診と治療の新時代の幕開けか?患者の5%が手術不要に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

検査の負担が少なく高精度の乳房専用PET装置

 検査の分野でも新しい動きがある。島津製作所が開発した乳房専用PET(陽電子放射断層撮影)装置「Elmammo Avant Class(エルマンモ アヴァン クラス)」だ。

 島津製作所のプレスリリースによると、この乳房専用PETは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による委託業務の成果に基づいて、約40年にわたるPET技術を結集し、2014年に製品化された乳房専用PET装置「Elmammo」の後継機になる。 

 どのような特徴があるのだろう?

 第1に、被検者は装置の上でうつ伏せになり、検出器ホールに片側ずつ乳房を入れるだけで検査を受けられる。マンモグラフィ検査のような乳房の圧迫による痛みはなく、しかも全身PET装置では取得が難しい診断情報も得られる大きな利点がある。

 第2に、「Elmammo」の特長である高感度と全身PET装置の約2倍の解像度を受け継いでいるので、検診精度の信頼性が高い。

 第3に、寝台上面と検出器間の距離を可能な限り短縮したため、胸壁部分に生じやすいブラインドエリアが縮小され、寝台の形状変更によってさらに快適に受診できる。

 第4に、日本人女性に多い高濃度乳房の検査にも有効であるため、抗がん剤による治療効果の判定に利用できる有用性も高い。

 第5に、過去に蓄積された多くの臨床例を再検証し、検出器の構造の最適化を図ったため、導入コストの低減も実現している。

 なお、エルマンモ アヴァン クラスによる乳房専用PET(陽電子放射断層撮影)は、同じ検査日に全身PET検査を併せて行った場合に限って、健康保険が適用される。

 さて、検査と治療の分野で新しい可能性が広がり、乳がんのリスクが少しずつではあるが低くなっている。少しでも「乳がんかなと?」思ったら、先述した情報を参考にして、必ず乳腺外来の専門医を訪ねてほしい。
(文=編集部)

※参考
●「日本乳癌学会乳腺専門医」/http://www.jbcs.gr.jp/ninteii/senmoni.html
●「マンモグラフィ検診精度管理中央委員会」/http://www.mammography.jp/検診マンモグラフィ読影認定医師・撮影認定診療放射線技師・医師リスト
●「J-POSH」「マンモ検診機のある病院」/http://www.j-posh.com/index.htm

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆