浜崎あゆみ、堂本剛……芸能人にも多い「突発性難聴」は早期治療が鉄則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

静かな場所の「シーン」も耳鳴りの一つ

 耳鳴りは、特徴などによっていろいろなタイプに分類される。代表的な分類の一つが「自覚的耳鳴り」「他覚的耳鳴り」である。

●自覚的耳鳴り
 耳鳴りの音が自分だけに聞こえ、他人には聞こえない。加齢に伴って生じたり、別の病気に伴って生じたり、難聴など他の症状をまったく伴わずに生じたりすることがある。静かな場所で「シーン」と聞こえるのも自覚的耳鳴りで、生理的な現象の一つである。

●他覚的耳鳴り
 聴診器のような器具で、耳鳴りの音が他人にも聞こえる。耳垢がたまっていたり、ゴミなどが耳に入ったりすることで起こる。血管の中を血液が流れる音が聞こえることや、耳の周囲の筋肉が収縮するときに鳴ることもある。

突然耳が聞こえなくなったら、すぐに耳鼻科を受診

 難聴については、耳のどこで障害が起こっているかで分類されている。

●伝音性難聴
 音を伝える部分である「外耳」や「中耳」に障害が起こって生じる。耳垢が詰まっていたり、外耳や中耳で炎症が起こっていたりする場合がある。

●感音性難聴
 音を感じる部分である「内耳」や大脳に障害が起こって生じる。堂本剛さんたちが患った突発性難聴も感応性難聴の一つで、何の前触れもなく、突然、片方の耳の聞こえが悪くなる病気である。

 上記のように、耳鳴りも難聴も、原因となる耳垢や炎症などを治療すれば改善するケースがある。自己診断をせずに、早めに耳鼻咽喉科を受診したい。

 特に突発性難聴は「発症後2週間を経過すると回復が難しくなる」と言われている。「朝起きたら耳が聞こえなかった」「キーンという音がするだけで、ほかの音が聞こえない」という症状が出たら、仕事や家事はほうっておいてすぐに病院に行ってほしい。

 難聴を放置したために、数日でまったく聞こえなくなる人もいる。早期発見・早期治療が重要だ。
(文=森真希)

森真希(もり・まき)
医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆