早期がんの場合、代替療法のみで治療するがん患者は生存率が低い

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

耳障りのよいがんの間違った情報があふれている

 本サイトでも、怪しい民間療法やがん放置療法などに対して、日本医科大学の勝俣範之教授が以下のような警鐘を鳴らしている。

~情報社会となった現代ですが、残念ながら、患者さんが得ることができるがんの情報には間違ったものが多い現状があります。それは、がんという病気がまだまだ治らない病気であると同時に、それを治すための治療法、少しでも良くする治療は、患者さんにとっては、つらいものであり、限界があるからです。かと言って、正しくない間違った情報に惑わされ、あるいは騙されて、逆につらい目に会ってほしくはないと思います。
 
 ちまたには、耳障りはよいのですが、がんの間違った情報があふれています。「がんは放置せよ」「抗がん剤は効かない」「がんを食事で治す」「体にやさしい免疫治療で治す」「がんを治す奇跡のサプリメント」などなどです。こうした治療は、耳にやさしく、最初はとっつきやすいのですが、がんが進行してきた場合、冷たく見放されることも多いのです。
 
 がんと正面から向き合っていくことは、大変なことと思います。時には逃げ出したくなるものです。がんは、まだまだ治らない病気ではありますが、うまく付き合っていく、共存ができる時代になってきています。がんと上手に付き合っていくことが、これからのがん治療を考える上で大事なことと思います。『「抗がん剤は効かない」を信じ、治療の可能性を失わないでほしい』より。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫