羽生結弦選手が克服した「喘息」を『24時間テレビ』で告白~慢性化しやすいオトナの喘息

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性のほうが「喘息死」のリスクが高い

 成人発症喘息については、60%以上が40~60歳代に起こる。「子どもの頃に喘息ではなかったから、自分は大丈夫だ」と思い込まずに、以下の症状に悩まされているのならば呼吸器科を受診してほしい。特に男性については「喘息死」のリスクも高いのだ。

□セキが長引く
□夜間や早朝に激しくせき込む
□夜間に息苦しくなって目覚めることがある
□呼吸をするときにヒューヒュー、ゼーゼーといった音がする
□タンが絡んで排出しにくい

 喘息の治療には、気道の炎症を抑える吸入ステロイド薬や、喘息発作を和らげる吸入β2刺激薬などが使われている。羽生選手も薬で症状をコントロールしながら競技を続けてきたはずだ。

 喘息だけでなく、東日本大震災、リンク上での衝突事故などさまざまな試練も経たからこそ、現在のすばらしいパフォーマンスがあるのだろう。これからも羽生選手を応援していきたい。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆