羽生結弦選手が克服した「喘息」を『24時間テレビ』で告白~慢性化しやすいオトナの喘息

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性のほうが「喘息死」のリスクが高い

 成人発症喘息については、60%以上が40~60歳代に起こる。「子どもの頃に喘息ではなかったから、自分は大丈夫だ」と思い込まずに、以下の症状に悩まされているのならば呼吸器科を受診してほしい。特に男性については「喘息死」のリスクも高いのだ。

□セキが長引く
□夜間や早朝に激しくせき込む
□夜間に息苦しくなって目覚めることがある
□呼吸をするときにヒューヒュー、ゼーゼーといった音がする
□タンが絡んで排出しにくい

 喘息の治療には、気道の炎症を抑える吸入ステロイド薬や、喘息発作を和らげる吸入β2刺激薬などが使われている。羽生選手も薬で症状をコントロールしながら競技を続けてきたはずだ。

 喘息だけでなく、東日本大震災、リンク上での衝突事故などさまざまな試練も経たからこそ、現在のすばらしいパフォーマンスがあるのだろう。これからも羽生選手を応援していきたい。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇