シリーズ「クスリのリスク」 第1回

本当に「キンカン」は、「虫刺され」にも「肩こり・腰痛」にも効果のある<万能薬>なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ何度も塗らなくてはいけないのか?

 アンモニア水がなぜ虫刺されに効くと言われているのか? これには諸説あり「アンモニアには毒液中の酸の中和や蛋白室を分解する働きがある」、あるいは「アンモニアによる局所刺激で痒みなどの伝達を抑制する」などといわれています。

 今の若い人は聞いたことがないと思いますが、昔はハチに刺されたら消毒と抗炎症のために「おしっこ」をかけると良いという、信じがたい都市伝説がありました。

 しかし、抽出されたばかりの尿の中にはアンモニアはほぼ含まれておらず、さらに言えば、アンモニアは皮膚に吸収されにくい。仮にハチの毒素に効果があったとしても、毒針によって注入された毒素まで到達しにくいため、細菌感染のリスクを冒してまで行う利点はまったくありません。

 虫刺されの効能がある医療用アンモニア水(原液を5~10倍に希釈)の注意書きには、「刺激作用を有するので、長期又は同一部位に反復しないこと」と書かれています。

 しかし、キンカンには……。あのフレーズをもう一度、思い出してください。「キンカン塗って、また塗って」ですね。

 医療用のものには「反復しないこと」と書かれているにもかかわらず、キンカンのホームページには「乾かしては塗り、乾かしては塗りを1日に5~6回繰り返して下さい」と書かれています。医療用とキンカンとは、まったく逆のことを言っているわけです。

 キンカン側の見解としては「溶剤にアルコールを使用し、気化しやすい設計となっているため、アンモニアが皮膚上に留まる時間が短くなっており、通常の使用において、接触性皮膚炎が起こる可能性は低くなっている」とのことです。

 「可能性が低い」ということは、「0ではない」ということなので、皮膚が敏感な人やむやみやたらにつけまくるという人は、注意したほうがいいでしょう。

昔は「火傷・神経痛・リウマチ・しもやけ、皮膚炎」にも効く万能薬だった?

 肌に刺激のあるものばかりが配合されている第2類医薬品のキンカン――。「昔からあるものだから安心」という先入観は捨てて、塗り過ぎている人は一度考えてみて下さい。「キンカン塗って、また塗って」……、だとしても、何度も何度も塗り続けますか?

 雑学ですが、かつてキンカンには、現在、記されている効能のほかに、「火傷・神経痛・リウマチ・しもやけ、皮膚炎(水虫・いんきん・あせもなど)・切り傷」というものがありました。昔は何にでも効く万能薬という触れ込みだったようですが、効能の再評価を行なって現在の記述に変わったようです。

 よくよく考えてみると、刺激性のある成分ばかり入っている薬品を、水虫・いんきん・あせも・切り傷なんかに塗ればどうなるか、一目瞭然ですね?

水谷光佑(みずたに・こうすけ)
日本で登録販売者としてOTC医薬品販売に従事。その後、視点を人から動物へ移し、動物医療の勉強のためオーストラリアに留学。現在も、新米登録販売者の相談をオンラインで受け付け、人材育成に従事している。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆