最愛の小林麻央さんを亡くしたときに……市川海老蔵さんの自己解決「セルフケア」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
の画像1

「私は今こころの頼りは/こうしてブログでも/皆様と繋がっている事も/私の支えになっています」と市川海老蔵さん(写真は公式ブログより)

 最愛の相手を亡くした人が、その痛切さを明かす場面に遭遇した経験の持ち主ならば、きっとおわかりだろう。

 その彼(彼女)が打ち明けたい相手は、何も自分とは限らず、身内か親友か仕事仲間かという関係の濃淡にも関係なく、耳を傾けてくれる誰か(=赤の他人をも含む)でありさえすれば、それで幾分かは気が鎮まることを……。

 ならば、いかにも今日的なSNSやブログなどのネットへの書き込みは、彼(彼女)にとって最適な「つぶやき装置」にも想えるのだが――。

ブログへの書き込みに賛否両論

 最愛の妻・小林麻央さん(享年34)の死亡当日(6月22日)以降も、23日に15回、24日は15回、25日に16回と、自分のルーティンを変えないで、ブログを更新し続けた市川海老蔵さん。

 そんな彼にに対して、ネット上では「嫁が死んだのに、ブログ更新とか、気持ちわる」「海老蔵のブログ更新回数がすごくて、ネット中毒って怖いなぁ」「更新しすぎやろ。なんかなぁ」など、批難気味の書き込みが飛び交った。

 もちろん「弔うカタチは人ぞれぞれ。哀しみの表しかたも、立ち直る術も違う」「書くことが心の整理になるってことあるんだよ」などの擁護意見も多数投稿された。

 しかし、渦中の6月27日午前9時前、当の海老蔵さん本人が次のような内容(=原文ママ)でブログ更新したことで事態は一応鎮静化の方向へコマを進めた。

「ブログが支えの<第二の患者>」

 「私は今こころの頼りは/こうしてブログでも/皆様と繋がっている事も/私の支えになっています。ありがとうございます。更新しすぎという意見もあるとか、確かにその通りです。」

 「が、ごめんなさい。御理解してくださいとは言いません。居ても立っても居られないとき、私はブログが1つの支えになってます。皆様のコメントや/こころの在りようを表す事で少しだけ/気を取り戻せるような気もするのです。」

 「お許しくださいね。人ぞれぞれですから。私は私のやり方で許してください」

 この一点の揺るぎもない、海老蔵流の姿勢表明はどうだろう。どこかの国との首相に読ませたいほどの「丁寧な説明」が、しかも簡潔に綴られており、もはや批難の「返信」など投げ返せないほどの正直さに満ちている。

 当サイトは昨年(2016)年6月、やむなく麻央さんの病状公表会見を開いた海老蔵さんの関連記事上で、「身内にがん患者をかかえる家族は<第二の患者>」であり、配慮が不可欠である点を強調した。

 その記事にもコメントを寄せた「NPO法人ぴあサポートわかば会」理事長の寺田佐代子さん(サバイバー、ファシリテーター)は、一連の流れをこう見ている。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔