股間だって汗をかく! 夏の「あそこ」のニオイ対策は天然成分「ポリフェノール」が効く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗酸化作用を持つ「ポリフェノール」が有効

 股間のニオイ対策で重要なのは「汗を抑えること」と「消臭・殺菌」だ。

 消臭作用や殺菌効果のある制汗剤やデオドラントを思い浮かべる方も多いと思うが、市販されているものを陰部にスプレーしたり塗布するのはデリケートな部分だけに危険だ。ここはやはり、肌にやさしい天然由来の成分で対処すべきだろう。

 殺菌・消臭効果のある天然成分には柿の渋みの素の「柿タンニン」、茶葉エキスの「茶カテキン」などが挙げられる。これらは強い抗酸化作用を持つ「ポリフェノール」が豊富に含まれており、それが汗の酸化を防いで悪臭を抑え、ニオイの成分と化学反応を起こしてニオイを中和させる。また殺菌・防菌効果も高い。

 消臭力を持つ天然成分では「炭」もよく知られている。炭には小さな穴(気功)がたくさんあり、そこにニオイや汚れ成分が吸着する。これらの成分を配合した石鹸はドラッグストアーでも購入できるので、手軽なニオイ対策として試してみるとよいだろう。

簡単にできる安全な自作の<制汗・消臭剤<

 また、調理にも使用されるミョウバンや重曹を用いて、自分で制汗・消臭剤を作ることもできる。

 作り方は、スプレーボトルに水とミョウバン、あるいは重曹を適量入れてよく溶かすだけだ。制汗作用があり、消臭・殺菌効果もある。皮膚に直接スプレーしたり、あらかじめ下着にスプレーしておくと消臭機能を持たせることができる。

 最近では吸汗速乾機能を持つ素材や冷感素材などの汗対策を施したインナーも多く、なかにはニオイを抑える特殊な繊維を使用したものもある。前述した石鹸やスプレーと組み合わせて使用することで、より効果的なニオイ対策が期待できるはずだ。
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔