股間だって汗をかく! 夏の「あそこ」のニオイ対策は天然成分「ポリフェノール」が効く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
股間だって汗をかく! 夏の「あそこ」のニオイ対策は天然成分「ポリフェノール」が効くの画像1

股間のニオイ対策も忘れずに!(depositphotos.com)

 全身から汗が噴き出る夏は、汗対策と同時にニオイ対策も必須だ。

 汗がニオイの原因となるため、汗をかかなければいいのだが、夏の暑さの中では不可能な話だ。特にスラックスをはいている「男性の股間」は、風通しが悪く熱が籠もりやすいために、汗をかきやすい。

スカートの女性もストッキングをはいていれば、男性以上に股間が蒸れることもある。トイレで用を足すときや帰宅後に服を脱いで、股間のニオイが気になる人も多いだろう。

「エクリン腺」と「アポクリン腺」――汗腺は部位で種類が違う

 汗は汗腺から分泌される。汗腺は全身にくまなくあるが、部位によって種類が異なる。ほぼ全身にあるのは「エクリン腺」で、腋の下や乳首、へそ周り、性器周辺にあるのは「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺だ。

 汗の成分も異なり、暑さでエクリン腺から分泌される汗は「99%以上が水分」で「無色透明」だ。サラリとしていてニオイはほとんどないが、皮膚の常在菌によって分解されたり、大気中の酸素と反応すると悪臭に変わることがある。

 エクリン腺の汗であれば、制汗剤の使用や汗をこまめに拭いて清潔な環境を保つことでニオイを抑えることが可能だ。

 一方、アポクリン腺から出る汗は「乳白色」で「粘り気がある」のが特徴だ。タンパク質や脂質が含まれており、これが常在菌の餌となり繁殖しやすい。その「発酵臭」が強い刺激臭となり、ワキガの原因にもなる。

 陰部とその周辺は、皮膚と皮膚が接している部分が多く、また常に下着や服に覆われているために汗をかきやすい。さらに、長時間のデスクワークでは椅子の座面に臀部が密着しているために、股間はさながら<サウナのような状態>だ。

 顔や首と違って、容易に汗を拭けないのも問題だ。しかもその汗は、アポクリン腺から分泌された汗なので悪臭になりやすい。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆