連載「死の真実が〈生〉を処方する」第41回

自動車のエアバッグで子どもが死亡!? 身を守る「チャイルドシート」の正しい装着とは

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車のエアバッグで子どもが死亡!? 身を守る「チャイルドシート」の正しい装着とはの画像1

自動車では子供は必ず「後部座席」に乗せる(depositphotos.com)

 子どもを自動車に乗せる時の安全性について、さまざまな誤解があるようです。子どもの場合は、後部座席でチャイルドシートなどを便用した上で、シートベルトをすることが、最も安全性の高い乗車方法です。

 先日、ある事故の報道がされました。「母親が運転する軽乗用車が電柱に衝突し、助手席にいた3歳児が死亡、エアバッグが展開した際に強い衝撃を受けた」というものです。

 その以前にも、助手席にいた6歳児が衝突事故に遭い、エアバッグの衝撃を受けて死亡――という報道がありました。

 このような報道を目にすると、あたかも「エアバッグは危険」なように印象づけられますが、果たしてどうなのでしょう。今回は、自動車に乗車する子どもの安全について考えます。

世界的なコンセンサスは?

 わが国の法律によると、6歳未満の子を乗せる時には、チャイルドシートを使用しなければならないことが規定されています。すなわち、子どもを<助手席に乗せてはいけない>とは記されていません。

 しかし、米国などでは、子どもは後部座席に乗せること、そしてチャイルドシートだけでなく、12歳頃まではブースターシートと言って座面を高くするシートを使用することなどが定められています。

 まず、子どもは後席に乗せること、チャイルドシートやブースターシートを適切に使用すること――これが安全に対するコンセンサス(合意)となっています。その理由について、エアバッグと身体の拘束という両面から説明します。

チャイルドシートが適切に装着されていたのは2~3割

 自動車に乗車する時には、シートベルトを適切に着用しなければならないと定められています。これは、きちんと体を拘束し、衝突時に身体が移動するのを防ぐためです。

 現在の「3点式」と呼ばれるシートベルトは、鎖骨、胸骨、肋骨、骨盤といった骨格を固定するものです。もし、体格の小さい子で腰のベルトが腹部にかかったら、衝突時に腹部を圧迫するので、内臓や腸管が損傷されます。

 この現象を「サブマリン」と呼びます。また、身長の低い子どもがシートベルトを着用すると、肩ベルトが首にかかるので、衝突時に首を圧迫されたら命取りになります。

 私たち大人が自動車の前席に乗車する際には、ベルトの引き出し囗にあるベルトアンカーが上下に移動して高さを調整できるため、適切な位置にベルトがフィットします。

 しかし、後席ではベルトアンカーが上下に調整できません。身長の低い子が後席でベルトをする際は、体の高さを上げる必要があり、そのために「ブースターシート」を使わなければなりません。

 なお、6歳以下の子は、シートベルトが使えるほど成長していないため、チャイルドシートが必要です。チャイルドシートは適切に取り付けられていないと、衝突時にシートごと移動することがあります。

 かつて私たちは、チャイルドシートが取り付けられている自動車を専門家とともに確認しました。すると、緩みなく適切に装着されていた自動車は2~3割にすぎませんでした。これでは安全な状態とは呼べません。

一杉正仁(ひとすぎ・まさひと)

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立医科大学客員教授、東京都市大学客員教授。社会医学系指導医・専門医、日本法医学会指導医・認定医、専門は外因死の予防医学、交通外傷分析、血栓症突然死の病態解析。東京慈恵会医科大学卒業後、内科医として研修。東京慈恵会医科大学大学院医学研究科博士課程(社会医学系法医学)を修了。獨協医科大学法医学講座准教授などを経て現職。1999~2014年、警視庁嘱託警察医、栃木県警察本部嘱託警察医として、数多くの司法解剖や死因究明に携わる。日本交通科学学会(副会長)、日本法医学会、日本犯罪学会(ともに評議員)、日本バイオレオロジー学会(理事)、日本医学英語教育学会(副理事長)など。

一杉正仁の記事一覧

一杉正仁
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆