認知症は遺伝するのか? 親が80歳前に認知症の場合、子の発症リスクは2.6倍に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
認知症は遺伝するのか? 親が80歳前に認知症の場合、子の発症リスクは2.6倍に  の画像1

認知症は遺伝するのか?(depositphotos.com)

 厚生労働省の2015年1月の発表によると、日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人、65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されている。

 今後高齢化が進むにつれ、認知症の患者数がさらに増えることは確実。厚労省の推計によれば、団塊の世代が75歳以上となる2025年には認知症患者数は700万人前後に達し、65歳以上の高齢者の約5人に1人を占める見込みだ。

 認知症患者の介護を担うのは、最も多いのが「配偶者」、次いで「子」だ。血の繋がった親を介護する子は「自分も将来、同じようになったらどうすればいいのか?」という不安を抱くことも少なくないだろう。

 将来、認知症になるかどうかは誰にもわからない。しかし、それについて非常に気になるデータが、オランダの科学者から発表されている。

親が若くして認知症になっていたら要注意?

 『Neurology』(2017年4月25日号)に掲載された研究論文をまとめたのは、オランダ・エラスムス医療センターのFrank J. Wolters氏と米・ハーバード大学のグループだ。

 Wolters氏らは、長年にわたる高齢者を対象としたコホート研究「ロッテルダム研究」のデータを分析し、2000~2002年の時点で認知症と診断されていない男女2087人(平均年齢64歳・女性55%)を対象に2015年まで追跡した。

 調べたのは、「その間に被験者が認知症を発症したかどうか」と「両親の認知症歴との関連性」。さらに被験者のMRIでの神経変性、血管疾患のマーカー、そして親の病歴との関係も評価した。

 その結果、調査開始時点で2087人のうちの407人(19.6%)が、両親のいずれかに認知症病歴があった(診断時の平均年齢79歳)。そして2015年までの平均約12年の追跡期間中に142人(6.8%)が認知症を発症。認知症になった被験者と親の病歴との関連を調べると、次のようなことがわかった。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太