「脱毛」の真の原因は「免疫細胞」の異常だった! 円形脱毛症の治療にも光明が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

円形脱毛症の発症率は1000人に1~2人

 この研究で明らかなように、免疫細胞である制御性T細胞の異常が脱毛の真因ならば、自己免疫疾患である円形脱毛症の治療に光明が差し込んでくるだろう。

 日本人の毛髪はおよそ10万本。毎日およそ50~60本が自然に抜け落ち、約3~6年の周期で再生を繰り返している。

 1000人に1~2人に発症する円形脱毛症は、免疫細胞のCD8陽性Tリンパ球が毛根を異物と見なして攻撃し、毛根に炎症が起きるため、毛髪が突然抜ける自己免疫疾患だ。

 円形脱毛症脱を発症すると、脱毛した毛根は萎縮し、障害される。だが、立毛筋部位にある毛包幹細胞がすべての毛髪組織を作り、毛包幹細胞は障害されないため、Tリンパ球の反応が消えれば、毛髪が再生する。

 円形脱毛症は、30歳以下の発症率が81.8%、特に15歳以下の発症が4分の1を占め、やや女性が多い。乳幼児の発症もある。その原因は、未解明だ。CD8陽性Tリンパ球が誤反応する機序も判然としない。精神的ストレス、アトピー皮膚炎などのアレルギーの合併症、ウイルス感染などが誘因とされる。ちなみに、英科学雑誌『Nature』2010年7月号は、円形脱毛症の発症にHLA-DQB1 03などの8つの遺伝子が関与している根拠を明らかにしている。

 主な治療は、ステイロイドによる対症療法だが、確定的な治療・予防法はない(Madani S, Shapiro J (2000). “Alopecia areata update”. J. Am. Acad. Dermatol. 42 (4): 549–66; quiz 567–70. PMID 10727299)。

 さて、制御性T細胞の異常が脱毛の真因なら、円形脱毛症の原因の解明や治療法の開発がますます進むに違いない。今後の研究に大いに期待したい。

*参考文献/『実験医学 2007年11月号』羊土社 ISBN 978-4-7581-0029-8 ほか。
(文=編集部)

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志