シリーズ「脊柱管狭窄症をもっとよく知る」第4回

脊柱管狭窄症は鎮痛剤だけでは治らない!「血管拡張薬」で血流を促進すれば症状が緩和する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2:脊柱管狭窄症は鎮痛剤だけでは治らない!「血管拡張薬」で血流を促進すれば症状が緩和するの画像1

脊柱管狭窄症の治療に有効な薬は?(depositphotos.com)

 先天的または後天的に神経が通る「脊柱管(せきちゅうかん)」が狭くなり、脊髄や神経が圧迫されるために、腰椎(ようつい=背骨の腰の部分)や頸椎(けいつい=背骨の首の部分) の脊柱管に病変が現れる難疾患、それが「脊柱管狭窄症」だ。

 日本赤十字社医療センター(整形外科センター長・医療技術部長)の久野木順一副院長に、脊柱管狭窄症の薬物治療について、で詳しく解説してもらった。

80%の症例に処方されている「血管拡張薬」のプロスタグランジンの有効性

 脊柱管狭窄症の治療は、患者の症状に応じて「薬物療法」「理学療法運動療法」「仙骨部硬膜外ブロック療法」「神経根ブロック療法」、生活指導などを組み合わせる「保存療法(手術以外の治療法)」が基本になる。

 腰痛を訴える患者に「消炎鎮痛薬」がよく用いられるように、脊柱管狭窄症でも消炎鎮痛薬がよく処方される。だが、消炎鎮痛薬だけでは痛みが解消しない場合が多いため、「血管拡張薬」の「プロスタグランジンE1製剤(オパルモン、プロレナールなど)」が服用されている。プロスタグランジンE1製剤は、脊柱管狭窄症の患者の約80%に処方され、一定の治療効果を上げている。

 ただ、専門外のかかりつけ医などは、消炎鎮痛薬だけを処方する場合が少なくないので、脊柱管狭窄症が疑われる人は整形外科の専門医を受診しよう。消炎鎮痛薬を1週間使っても症状が改善されないなら、プロスタグランジンE1製剤を服用するのがベターだ。

脊柱管狭窄症の治療の基本は虚血の解消

 脊柱管狭窄症は、神経が通る脊柱管が狭くなり、中を通る「馬尾神経(脊髄から続く馬の尾のような神経の束)」や「神経根(脊髄から左右に分岐する神経の根もと)」が強く圧迫されるために起きる。神経や神経根が強く圧迫されると、神経の周囲にある血管も同時に圧迫され、虚血(血液が足りなくなる状態)に陥るので、神経が過敏になり、足の痛み・痺れを伴う。

 脊柱管狭窄症の患者が「間欠性跛行」で歩けなくなっても、しゃがんで少し休めば、また歩けるようになるのは、腰を前に曲げる姿勢を取ると狭窄部が緩み広がるため、馬尾神経や神経根の圧迫が弱まり、血流が回復して痛み・痺れが和らぐからに他ならない。

 つまり、血管拡張薬を服用すると、同様の効果が期待できる。ホルモンと似た働きをする血管拡張薬のプロスタグランジンE1製剤の作用によって、血管壁にある平滑筋が緩み、血管が広がり、血流が促されるので、虚血が解消され、症状が緩和する。

 久野木副院長によれば、血管拡張薬を処方するだけで、足の痛み・痺れが軽減し、間欠性跛行も起こりにくくなり、約50%の患者に顕著な改善効果が現れている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆