全国の医療機関の約3割に倒壊の恐れ! 全国ワースト3の自治体はどこ?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

災害拠点病院のマニュアル作りを義務化

 一方、災害が発生した時に24時間体制で傷病者を受け入れる「災害拠点病院」や「救命救急センター」の耐震化率は、今回の調査では87.6%。国は2018年度までに、89%まで伸ばす目標を掲げている。ただし、熊本地震で通常の診療ができなくなった6病院のうち、少なくとも3病院は新耐震基準を満たしていたという。

 そうした教訓から厚生労働省は、今年3月、災害拠点病院に対して、被災しても速やかに機能を回復するための「業務継続計画(BCP)」策定を義務化した。

 BCPは災害時の病院のダメージを最小限に抑え、早期に被災者の診療に当たるための備えや対応を盛り込んだマニュアル。医薬品やガス、酸素などの備蓄やライフラインの確保、病棟の安全性評価なども含まれ、内容は多岐にわたる。

 今年3月現在で、災害拠点病院は全国に約700あるが、BCP策定済みは45%にとどまる。既存の災害拠点病院は、2019年3月までに策定することを前提に指定を継続できることになっている。

 病院や診療所は、多くの入院患者を抱えているだけでなく、災害が起きた際には被災者に適切な医療を提供する拠点となる建物だ。大地震が起きても病院の機能を失わないために、建物の耐震化と同時に多くの対策が急がれる。
(文=編集部)

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫