全国の医療機関の約3割に倒壊の恐れ! 全国ワースト3の自治体はどこ?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

災害拠点病院のマニュアル作りを義務化

 一方、災害が発生した時に24時間体制で傷病者を受け入れる「災害拠点病院」や「救命救急センター」の耐震化率は、今回の調査では87.6%。国は2018年度までに、89%まで伸ばす目標を掲げている。ただし、熊本地震で通常の診療ができなくなった6病院のうち、少なくとも3病院は新耐震基準を満たしていたという。

 そうした教訓から厚生労働省は、今年3月、災害拠点病院に対して、被災しても速やかに機能を回復するための「業務継続計画(BCP)」策定を義務化した。

 BCPは災害時の病院のダメージを最小限に抑え、早期に被災者の診療に当たるための備えや対応を盛り込んだマニュアル。医薬品やガス、酸素などの備蓄やライフラインの確保、病棟の安全性評価なども含まれ、内容は多岐にわたる。

 今年3月現在で、災害拠点病院は全国に約700あるが、BCP策定済みは45%にとどまる。既存の災害拠点病院は、2019年3月までに策定することを前提に指定を継続できることになっている。

 病院や診療所は、多くの入院患者を抱えているだけでなく、災害が起きた際には被災者に適切な医療を提供する拠点となる建物だ。大地震が起きても病院の機能を失わないために、建物の耐震化と同時に多くの対策が急がれる。
(文=編集部)

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫