1日1個のリンゴがタバコから肺を守る!? 「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」に一筋の光明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

煙草がまずくて禁煙できるオマケも?

 この研究を行ったワルシャワ生命科学大学のJoanna Kaluza氏は、「リンゴなどの果物や野菜に含まれる抗酸化力の強いポリフェノールが、COPDの引き金となる組織のストレスや炎症を軽くする可能性がある」と推論。

 食事でCOPDを予防できるとまではいえないが、「肺の健康に食生活が潜在的に影響していることを考えて、特にタバコをやめられない人は果物や野菜を適切に取るべきだ」と主張している。

 ところで、タバコと果物の関係について、過去に興味深い調査研究がある。

 米バッファロー大学の研究チームが1000人の喫煙者を対象に調査したところ、野菜や果物をよく食べる人は、普通の人に通常に比べて禁煙の成功率が3倍になったという。この結果は2012年に公開された。

 ただし、その理由は判明していない。ひとつの推論として、野菜や果物に豊富な食物繊維による満腹感が、タバコを吸いたいという欲求を抑えるのかもしれないという。

 もうひとつは、野菜や果物がタバコの味に影響する説だ。肉、カフェイン飲料、アルコールはタバコをよりおいしく感じさせることで知られている一方、<果物や野菜を食べた後はタバコがマズイ>というのはよくいわれている。

 つまり、喫煙者は「食後の一服前に1個のリンゴ」をプラスすることで、COPDに罹るリスクを下げ、うまくすれば減煙や禁煙につながるかもしれない。一石二鳥とはこのことだ。

 ピコ太郎の『PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen)』ならぬ<タバコ+アップル=NO-COPD>。どうしてもタバコがやめられない人には、今日からでも取り入れてほしい食習慣といえる。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫