1日1個のリンゴがタバコから肺を守る!? 「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」に一筋の光明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

煙草がまずくて禁煙できるオマケも?

 この研究を行ったワルシャワ生命科学大学のJoanna Kaluza氏は、「リンゴなどの果物や野菜に含まれる抗酸化力の強いポリフェノールが、COPDの引き金となる組織のストレスや炎症を軽くする可能性がある」と推論。

 食事でCOPDを予防できるとまではいえないが、「肺の健康に食生活が潜在的に影響していることを考えて、特にタバコをやめられない人は果物や野菜を適切に取るべきだ」と主張している。

 ところで、タバコと果物の関係について、過去に興味深い調査研究がある。

 米バッファロー大学の研究チームが1000人の喫煙者を対象に調査したところ、野菜や果物をよく食べる人は、普通の人に通常に比べて禁煙の成功率が3倍になったという。この結果は2012年に公開された。

 ただし、その理由は判明していない。ひとつの推論として、野菜や果物に豊富な食物繊維による満腹感が、タバコを吸いたいという欲求を抑えるのかもしれないという。

 もうひとつは、野菜や果物がタバコの味に影響する説だ。肉、カフェイン飲料、アルコールはタバコをよりおいしく感じさせることで知られている一方、<果物や野菜を食べた後はタバコがマズイ>というのはよくいわれている。

 つまり、喫煙者は「食後の一服前に1個のリンゴ」をプラスすることで、COPDに罹るリスクを下げ、うまくすれば減煙や禁煙につながるかもしれない。一石二鳥とはこのことだ。

 ピコ太郎の『PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen)』ならぬ<タバコ+アップル=NO-COPD>。どうしてもタバコがやめられない人には、今日からでも取り入れてほしい食習慣といえる。
(文=編集部)

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘