チーズは身近な「スーパーフード」だった! ダイエットや美容効果に優れた<完全食>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チーズは牛乳の種類や製造などで違いが生まれる<奥深い食材>

 フロマージュフェアは、「ワインと楽しむ」をテーマに、ヨーロッパの伝統料理のほか、全10種類以上のチーズをアラカルトやデザート、カクテルなどに取り入れ、ザ・プリンスパークタワー東京のシェフやパティシエらがアレンジ。

 マッシュポテトにグリュイエールチーズを練りこみ、肉料理の付け合わせとして親しまれるフランスのオーベルニュ地方の伝統料理「アリゴ」。伸びるチーズは見た目にも楽しく食もすすむ。

 「ウェルシュラビット」は、英国ウェールズ地方の伝統料理。狩猟で獲物が捕れなかったときに、チーズを肉に見立てた<ウェールズのうさぎ>が始まりだ。香ばしく焼きあげたパンと、牛乳やバターなどで味付けしたチェダーチーズの濃厚な味わいが特徴で、英国のパブでも人気の一品。

 ほかにも、伊産モッツァレッラチーズに生クリームが入った濃厚なフレッシュチーズ「ブッラータ」のサラダ仕立て、冬のチーズの代表「モン・ドール」が主役のチーズプレート……。

 チーズは、原料となる牛乳の種類や製造などで、見た目や味わい、風味が異なる。片岡さんがセレクトした多様なチーズと、シェフソムリエが厳選した芳醇なワインとのマリアージュはマニアを唸らせた。

カルシウムの高吸収が骨粗鬆症のリスクを下げる

 「チーズの原料は主にウシ、ヒツジ、ヤギですが、さまざまな種類の乳が用いられます。ヒツジは濃厚な味わいが特徴で、ヤギは特有のにおいがありますが人気です。乳が取れる時期によって味も違い、製造時期でもおいしさに違いが生まれます」

 「たとえば、秋から冬の間のみ生産される『ヴァシュラン デュ オー ドゥー』(通称モン・ドール)は、フランスでは<8月15日~3月15日>と製造期間が定められています。側面はエピセア(モミの木の一種)で巻いて熟成させ、エピセアの木箱で出荷するので木の香ばしさが広がります」

 チーズは、良質なタンパク質を含み、カルシウムの吸収率も高く、女性ホルモンの減少とともに骨の密度が低くなり、女性に多い骨粗鬆症の予防にも効果的だ。骨粗鬆症は、骨折、身体機能の低下、生活の質の低下を招き、死亡のリスクを高める。

 「チーズは牛乳の栄養を凝縮した食品。カルシウムは量も多くて消化吸収がいい。『骨粗鬆症』が心配な女性には、ぜひ愛食してもらいたい」「牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする<乳糖不耐症>の人でも、チーズなら大丈夫。熟成されて作られるチーズには、乳糖がほとんど残りません」(片岡さん)

 日本のチーズ消費量は戦後から2000年頃まで急増を続け、その後は増減を繰り返しながら微増傾向だ。バラエティにあふれた味とレシピ、栄養価も高いこの<奥深い食材>にハマってみてはいかがだろうか。
(文=編集部)

チーズは身近な「スーパーフード」だった! ダイエットや美容効果に優れた<完全食>の画像2

片岡優香(かたおか ゆうか)
C.P.A.チーズプロフェッショナル、チーズタレント、フードジャーナリスト、大人の部活チーズ部顧問、チーズセミナーや料理の実演、コンサルティング、チーズ関連のイベントのほか、各メディアで幅広く活動中。人気の公式ブログ「チーズ臭い女と呼ばないで」 http://ameblo.jp/yuuka-pin/はコチラ。

年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫