東京五輪で「受動喫煙ゼロ」は達成!? 米国では10代の「電子タバコ」喫煙者が急増!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国では高校生に「電子タバコ」の喫煙者が急増中

 「今回の研究結果は、電子タバコに切り替えると、従来どおりの喫煙を続けた場合に比べて、将来のがんリスクが有意に低下する――低減できるという、これまでの報告と一致している」(前出・Shahab氏)

 しかしながら、そもそも禁煙や減煙につながるとする見方については、その効果や安全性について賛否両論ある。

 FDA(米国食品医薬品局)の調査によると、米国では高校生の電子タバコ喫煙者が急増しており、2011年の1.5%から2015年の16%と、全米の高校生の約300万人にものぼるという推計がある。

 一方、受動喫煙対策の規制自体が「永田町で火花」などと報じられているわが国の場合、「強制すれば、地下に潜ってよからぬ勢力がはびこる」という詭弁や、「厚労相が言ったからといって通る自民党じゃない!」と息巻く愛煙家議員や分煙派議員があとを絶たない。

 彼らは東京五輪まで残り何日か、ご存じなのだろうか?
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫