背が高くなる「遺伝子」が解明! ついに明かされるのか? 乳児が成人になる過程のナゾ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、乳児は完全に均整のとれた成人になるのか?

 論文の共著者の1人は、自信をこめて次のように述べている。

 「今回の私たちの発見で、ヒトの身長に影響する遺伝要因のおそらく4分の1以上に説明がつく可能性が示唆されたと思う」

 ヒトの身長は、そのほとんどが遺伝によって決まるということが過去の数多の研究からも明かされてきた。しかし、実際の「成長の過程」に関しては、今日でもさほど解明されていない。

 つまり、身長50cmほどの乳児が、いったいどうやって完全に均整のとれた成人となるのか? あるいは、どうして一部の人は他の人に比べて数十cmも身長が高くなり差がうまれるのか?

 この成長過程をめぐる難問こそ、生物学者にとってはたいへん魅惑的な主題ながらも、実際はあまり着手されていない領域だという。

10cm高くなると「がんリスク」が女性18%、男性11%アップ

 一方では、500万人超のスウェーデン人男女を対象とした研究では、背が高い人ほど「がんリスクが高い」傾向も明らかにされている。この報告によれば、成人時の身長が10cm増えるごとに、女性ではがんリスクが18%、男性では11%高まることが判明したそうだ。

 さらに長身の女性では乳がんの発症リスクが20%高まり、男女いずれも身長が10cm増えるに応じてメラノーマ(悪性黒色腫)のリスクが約30%上昇する可能性も判明している。

 記事の冒頭部分では長身者の有意性を強調したが、いいことばかりはないのが人生だ。

 ちなみにDeloukas氏らは、いつの日か、この知見を応用して「成長障害に対する個別化医療」が開発できるだろうと、希望的な観測を述べている。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆