シリーズ「最新の科学捜査で真犯人を追え!」第7回

白骨死体から性別、年齢、身長までわかる! 骨盤を見れば男か女かほぼ100%で解明

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kagakusousa004.jpg

白骨死体から身元を探る(shutterstock.com)

 検視に回される死体は、実にさまざまだ。犯行直後の生々しい死体もあれば、白骨死体もある。死体は、地上なら1年、水中なら2年、地中なら5〜8年で白骨化する。死後間もない死体なら身元確認もしやすい。白骨化した死体は、身元が割れにくい。だが、白骨化していても人体の形状を残していれば、性別、年齢、身長、血液型、DNA型などを突き止めて、身元確認できる。

性別を見分けるポイントは20カ所以上もある

 頭蓋骨と骨盤を見ただけで、男女差が分かるのはなぜか?

 まず、男性の頭蓋骨は女性より大きく、がっしりしている。かたや女性の頭蓋骨は男性より小さく華奢で丸みを帯びている。眉の上の部分の眉弓(びきゅう)は、男性は大きく発達しているが、女性は小さく未発達だ。目の上と前頭骨が接する部分の眼窩上縁(がんかじょうえん)は、男性は太く大きいが、女性は鋭く薄く小さい。耳の後ろの隆起した骨である乳様突起(にゅうようとっき)や下顎骨の頤(おとがい)は、男性は大きく発達しているが、女性は小さく華奢だ。

 骨盤はどうか? 骨盤の形状は、男性は高さがあるハート形だが、女性は高さが低い横楕円型だ。骨盤の下部の恥骨下骨(ちこつかこつ)は、男性は逆V字型(60度)で狭いが、女性は逆U字型(90度)で広い。女性は出産するので、骨盤腔の幅が広くなっている。骨盤の下部の坐骨と恥骨に囲まれた閉鎖孔(へいさこう)は、男性は卵円型だが、女性は三角形だ。脊椎の下部、骨盤の上部にある仙骨は、男性は幅が狭く長いが、女性は幅が広く短い。骨盤の縁にある仙骨岬角(せんこつこうかく)は、男性は突出しているが、女性は突出が少ない。

 このように頭蓋骨と骨盤の形状で性別を見分けるポイントは20カ所以上もあるため、頭蓋骨と骨盤による性別識別率は高い。頭蓋骨なら約90%、骨盤ならほぼ100%。頭蓋骨と骨盤の形状や機能は、男女で生物学的な違いが顕著なので、判定が容易にできるのだ。

 また、頭蓋骨のつなぎ目(縫合)を見れば、成人の年齢は分かるが、50歳を過ぎると特定が難しくなる。一方、成長途上の子どもや未成年なら、成長の度合によって、成人よりも細かく年齢を推定できる。たとえば、3歳の乳児なら、頭蓋泉門(ずがいせんもん)が埋まるので、1〜2年程度の精度の誤差で年齢を特定できる。

誤差は1〜2cm! 1本の骨からでも身長が分かる

除菌で虫歯と歯周病を予防する「3DS」~薬を塗ったマウスピースを5分間はめるだけ
インタビュー 口腔内を除菌して全身疾患を予防する「3DS除菌」② 鶴見大学歯学部・探索歯科講座 花田信弘教授/山田秀則助教

第1回:口腔内の雑菌は100億個以上~<除菌治療>が歯周病と生活習慣病を防ぐ!
虫歯や歯周病の原因菌が、生活習慣病を引き起こす発症リスクになることがわかっているため、今後は虫歯や歯周病を直接治療するだけに留まらず、「予防歯科」の必要性が近年ますます高まってくる。鶴見大学歯学部付属病院では、3DSという治療法を用いて、歯科治療のみならず、全身疾患の予防を目的に画期的な専門外科を開設している。

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、厚生労働…

一杉正仁

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真