講談社社員の偽装殺人がバレた理由~ ドラマ『科捜研の女』でも登場した<吉川線>

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉川線を見れば、首吊り自殺か絞殺による他殺かは一目瞭然!

 遺体解剖の際、絞死かどうかを判定する目安になるのが「吉川線」だ。人気TVドラマ『科捜研の女9』最終話でも、このようなエピソードがあった――。

 首吊り自殺か絞殺かが判然としない死体が上がる。死体の首に残った索条痕は水平でなく、斜めに残っていたことから、主人公の榊マリコは悩む。ところが、死体の首をよく精査するとわずかに掻きむしったような痕が……。

 吉川線は、紐やロープなどで首を絞められた場合に、被害者の首に残されるひっかき傷の跡だ。被害者が紐や犯人の腕を解こうと抵抗して、首の皮膚に爪を立てたり、掻きむしったときに生じる。

 つまり、吉川線を見れば、自分で首を吊った自殺か、絞殺による他殺かが判明する。この名称は、大正時代に警視庁鑑識課長を務めた吉川澄一(1885~1949年)が「ひっかき傷は他殺の証拠」と学会発表したことにちなむ。

 法医学では、紐やロープを頸部に巻きつけて頸部を水平に圧迫し、気道を閉塞させて呼吸できないようにすることを絞頸(こうけい)、絞頸により死亡を絞死、絞頸による他殺を絞殺と呼ぶ。

 だが、絞頸による自殺(自絞死)は稀だ。自絞死するためには、結び目を作ったり、機械的な動力を利用して絞め上げたりするなど、意識を失ってもロープが緩まない巧妙な工夫や仕掛けがいるからだ。

 ちなみに、手や腕で頸部を圧迫することを扼頸(やくけい)、扼頸による死を扼死(やくし)、扼頸による殺人を扼殺(やくさつ)という。扼殺は、喉にある舌骨、首、胸などを骨折している場合が少なくない。

 いずれにせよ、まだ容疑者逮捕の第一報の段階だ。本当に妻を絞殺した後、首吊り自殺かのように偽装したのか――。現時点では、いわゆる「警察の報道発表」だけしか情報ソースはないが、捜査の経緯を見守りつつ、事実の解明が望まれる。
(文=編集部)

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆