>  >  > 今日から始まるセルフメディケーション税制

元旦からスタート! OTC医薬品の購入1万2000円以上を所得控除するセルフメディケーション税制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セルフメディケーション税制の課題は何か?

 セルフメディケーション税制に節税メリットがあるのは分かった。だが、課題はないのだろうか?

 厚労省(平成27年度 国民医療費の概況)によれば、医療費は約41.5兆円と高止まりし、13年連続で過去最高を更新中。国民1人当たりの医療費は32万1,100円に上る。

 厚労省は、セルフメディケーション税制の導入によって医療費の抑制を図りつつ、国民の健康意識の強化、自己管理の促進、健康の増進、病気の予防を包括的に実現することを目ざしているという。国策としてのセルフメディケーションを浸透させる大義名分はよく理解できる。

 しかし、セルフメディケーションが進まない根本的な原因はないのか?それは、OTC医薬品の価格にあるように見える。

 総務省(1992年〜2014年の保険医療に関する約9千世帯の家計調査)によれば、医薬品全体の購入額は、2万8087円(1992年)から2万7957円(2014年)に僅かに減少している。一方、OTC医薬品の年間購入額は、1万3636円(1992年)から1万855円(2014年)に2,781円減少している。

 つまり、OTC医薬品の消費者ニーズが低迷している一面を示している。

 セルフメディケーション税制の導入は、日本OTC医薬品協会(OTC薬協)などが推進したことから、2016年度税制改正大綱に盛り込まれた。OTC医薬品メーカも識別マークを表示し、啓蒙に努めている。

 ただ、対象になるOTC医薬品が限られており、消費者の認知度も約25%と低く、識別マークを見たことがある人は約5%に過ぎない(2016年11月のアンテリオによる調査)。

 また、医療費の過剰な抑制は、受診患者数の減少につながるため、医療機関からの批判や不満も聞こえる。調整は簡単ではない。

 OTC医薬品の消費を加速させたい厚労省とOTC医薬品メーカの思惑がちらつくのは致し方ない。ただし、期間限定5年、小幅な控除額で国の目算通りの成果が上がるのだろうか? その実効性は疑わしく思える。

 厚労省とOTC医薬品メーカの足並みが試されているのだ。消費者の認知と利用の向上に向けたさらなる奮起に期待したい。

 ちなみに、新年早々の1月からスタートする新制度が2つある(日経ウーマンオンライン12月22日)。

 1つは、経費の精算に必要な領収書がスマホ写真でOKになる。

 領収書類の原本の7年間保存が義務づけられていたが、電子帳簿保存法が改正され、画像の改ざんがなければ、スマホで撮影した領収書画像で経費の精算ができる。たとえば、営業などで外出中に経費を立て替えた場合、領収書をスマホで撮影して送信すれば、その場で経費の精算が完了するので、効率化しそうだ。1月1日からスタートする。

 もう1つは、クレジットカードで所得税が払えるようになる。

 自治体に払う地方税は、住民税、固定資産税・都市計画税、自動車税などのクレジットカード払いができたが、国税はできなかった。対象となる国税は20種類以上ある。たとえば、医療費控除や住宅ローン控除を受ける所得税の確定申告後に納税する場合に、クレジットカードで支払えるようになる。1月4日からスタートする。

 さあ、2017年が幕開けた。セルフメディテーションも大切だが、今胸に芽生えている清々しい初心を忘れないようにしたい。健やかないい1年でありますように!
(文=編集部)
 

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志