元旦からスタート! OTC医薬品の購入1万2000円以上を所得控除するセルフメディケーション税制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

購入額から1万2000円を差し引いた金額を所得控除できる!

 その年に購入したOTC医薬品のうち、所得控除できる金額は、購入額から1万2000円(上限は8万8000円)を差し引いた金額だ。

 つまり、OTC医薬品の購入額が1万2000円を超えた場合は、超過金額の8万8000円までなら所得控除できる。医療費控除の対象になる超過金額10万よりも、有利に見える。

 たとえば、家族全員のOTC医薬品購入額が年間7万円の場合なら、所得控除額は5万8000円(7万円−1万2000円)。住民税と合わせた所得税率が20%なら、所得控除額は1万1600円(5万8000円×20%)になる。

注意!セルフメディケーション税制と医療費控除は併用できない!

 医療費控除との違いは何だろう?

 所得控除の対象になるのは、セルフメディケーション税制なら、健康増進・予防のために支出した金額だが、医療費控除の場合は、治療・療養のために支出した金額という違いがある。

 また、セルフメディケーション税制と医療費控除は併用できないので、どちらか一方を選び、確定申告しなければならない。

 たとえば、出産や大きなケガで医療費が10万円を超過したなら医療費控除、医療費が10万を超えないならセルフメディケーション税制になるが、ケースバイケースでどちらを選ぶべきかをよく考えよう。

 ここで注意点がある。

 確定申告には領収書、レシートが必要になるので、必ず保管しておく。申請する場合は、所得控除を受ける人が適用を受ける対象年に健康診査、インフルエンザ予防接種、市町村のがん健診などを受けて、領収書や結果通知表を添付することが必要になるので、覚えておこう。

 また、ネット販売でOTC医薬品を購入した場合は、支払日が2017年1月1日以降ならば対象になる。ドラッグストアの〇%割引のセールで購入した場合は、割引後の価格が控除額になる。控除額はすべて消費税込みで計算することも知っておきたい。

除菌で虫歯と歯周病を予防する「3DS」~薬を塗ったマウスピースを5分間はめるだけ
インタビュー 口腔内を除菌して全身疾患を予防する「3DS除菌」② 鶴見大学歯学部・探索歯科講座 花田信弘教授/山田秀則助教

第1回:口腔内の雑菌は100億個以上~<除菌治療>が歯周病と生活習慣病を防ぐ!
虫歯や歯周病の原因菌が、生活習慣病を引き起こす発症リスクになることがわかっているため、今後は虫歯や歯周病を直接治療するだけに留まらず、「予防歯科」の必要性が近年ますます高まってくる。鶴見大学歯学部付属病院では、3DSという治療法を用いて、歯科治療のみならず、全身疾患の予防を目的に画期的な専門外科を開設している。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘