ヨガで血圧が下がる! サッカー・長友佑都選手も実践~再評価でブームが到来か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<太陽と月のパワー>を手に!プロサッカー選手・長友佑都も実践

 「血圧降下の数値自体は決して大きいものではないが、臨床的には大きな意味がある。収縮期血圧が2mmHg降下するだけでも、冠動脈疾患のリスクをして6%、脳卒中(ミニ脳卒中も含む)のリスクにいたっては15%低減する可能性があるのだから」(Angrish氏)

 ハタ・ヨガの「ハ(ha)」は太陽と吸う息と凝縮などの意味を有し、対照的に「タ(tha)」のほうは月や吐く息や拡大を意味しているという。

 つまり「ハタ」は、太陽と月が、陽と陰が、カラダ(=生命力)とココロ(=精神性)の両面が織りなされ、そこに「力強さ」が生まれると解釈されている。

 その起源に関しては、紀元後10~13世紀頃の開祖説や、インド国内の密教徒たちを源流とするものなど諸説ある。が、そのエクササイズ効果や集中力アップの効能が20世紀後半の欧米でも再評価され、大衆的人気を博したことは記憶に新しい。

 「今回の研究成果から、高血圧前症の患者に対しては1日1時間前後のハタ・ヨガを推奨できることが示唆された。ハタ・ヨガは実践者に幸福感をもたらすばかりか、高血圧の発症も予防できる可能性が高いわけだから」(Angrish氏)

 学会発表されたAngrish氏の新たな知見は、これから査読を受けて医学専門誌に掲載されるまでは「予備的なもの」としてみなされる。

 しかし、そんな折も折、かのプロサッカー選手・長友佑都(インテル)の新刊タイトルは、その名もずばり『ヨガ友』。内容はカラダとココロを鍛えるトレーニング法を開陳伝授したというものだ。

 どうやら、2017年はヨガ再評価の年になるのかも!? さぁ、流行りモノには背を向ける方も偏見を捨てて、誰よりも一足先に始めてみますか!
(文=編集部)

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

フリーランスの解剖講師。関東・東海地方を中心に看…

前田信吾

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行