ヨガで血圧が下がる! サッカー・長友佑都選手も実践~再評価でブームが到来か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<太陽と月のパワー>を手に!プロサッカー選手・長友佑都も実践

 「血圧降下の数値自体は決して大きいものではないが、臨床的には大きな意味がある。収縮期血圧が2mmHg降下するだけでも、冠動脈疾患のリスクをして6%、脳卒中(ミニ脳卒中も含む)のリスクにいたっては15%低減する可能性があるのだから」(Angrish氏)

 ハタ・ヨガの「ハ(ha)」は太陽と吸う息と凝縮などの意味を有し、対照的に「タ(tha)」のほうは月や吐く息や拡大を意味しているという。

 つまり「ハタ」は、太陽と月が、陽と陰が、カラダ(=生命力)とココロ(=精神性)の両面が織りなされ、そこに「力強さ」が生まれると解釈されている。

 その起源に関しては、紀元後10~13世紀頃の開祖説や、インド国内の密教徒たちを源流とするものなど諸説ある。が、そのエクササイズ効果や集中力アップの効能が20世紀後半の欧米でも再評価され、大衆的人気を博したことは記憶に新しい。

 「今回の研究成果から、高血圧前症の患者に対しては1日1時間前後のハタ・ヨガを推奨できることが示唆された。ハタ・ヨガは実践者に幸福感をもたらすばかりか、高血圧の発症も予防できる可能性が高いわけだから」(Angrish氏)

 学会発表されたAngrish氏の新たな知見は、これから査読を受けて医学専門誌に掲載されるまでは「予備的なもの」としてみなされる。

 しかし、そんな折も折、かのプロサッカー選手・長友佑都(インテル)の新刊タイトルは、その名もずばり『ヨガ友』。内容はカラダとココロを鍛えるトレーニング法を開陳伝授したというものだ。

 どうやら、2017年はヨガ再評価の年になるのかも!? さぁ、流行りモノには背を向ける方も偏見を捨てて、誰よりも一足先に始めてみますか!
(文=編集部)

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘