ヨガで血圧が下がる! サッカー・長友佑都選手も実践~再評価でブームが到来か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<太陽と月のパワー>を手に!プロサッカー選手・長友佑都も実践

 「血圧降下の数値自体は決して大きいものではないが、臨床的には大きな意味がある。収縮期血圧が2mmHg降下するだけでも、冠動脈疾患のリスクをして6%、脳卒中(ミニ脳卒中も含む)のリスクにいたっては15%低減する可能性があるのだから」(Angrish氏)

 ハタ・ヨガの「ハ(ha)」は太陽と吸う息と凝縮などの意味を有し、対照的に「タ(tha)」のほうは月や吐く息や拡大を意味しているという。

 つまり「ハタ」は、太陽と月が、陽と陰が、カラダ(=生命力)とココロ(=精神性)の両面が織りなされ、そこに「力強さ」が生まれると解釈されている。

 その起源に関しては、紀元後10~13世紀頃の開祖説や、インド国内の密教徒たちを源流とするものなど諸説ある。が、そのエクササイズ効果や集中力アップの効能が20世紀後半の欧米でも再評価され、大衆的人気を博したことは記憶に新しい。

 「今回の研究成果から、高血圧前症の患者に対しては1日1時間前後のハタ・ヨガを推奨できることが示唆された。ハタ・ヨガは実践者に幸福感をもたらすばかりか、高血圧の発症も予防できる可能性が高いわけだから」(Angrish氏)

 学会発表されたAngrish氏の新たな知見は、これから査読を受けて医学専門誌に掲載されるまでは「予備的なもの」としてみなされる。

 しかし、そんな折も折、かのプロサッカー選手・長友佑都(インテル)の新刊タイトルは、その名もずばり『ヨガ友』。内容はカラダとココロを鍛えるトレーニング法を開陳伝授したというものだ。

 どうやら、2017年はヨガ再評価の年になるのかも!? さぁ、流行りモノには背を向ける方も偏見を捨てて、誰よりも一足先に始めてみますか!
(文=編集部)

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛