6年間で全世界5300万人が禁煙! 禁煙後進国・日本は<飲食店での受動喫煙が4割超>

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
258753287.jpg

6年間で全世界で5300万人が禁煙に成功(shutterstock.com)

 過日、厚生労働者が公表した平成27(2015)年11月実施の「国民健康・栄養調査」(対象:無作為抽出の約5300世帯)の結果、喫煙率は前年比で1.4ポイント減の18.2%で過去最低を更新した。

 質問には7066人が回答を寄せ、男性層が前年比で2.1ポイント減の30.1%、女性層は同0.6%減の7.9%。後者の微減ぶりがやや気になるが、厚労省側は「健康意識自体の高まり」と「消費税によるタバコの値上げの影響」との見方をしている。

 では、今日、世界的なレベルでの喫煙事情はいったいどうなっているのか?

2008~2014年の間に88カ国5300万人が禁煙に成功

 12月12日の『Tabacco Control』(オンライン版)に、なかなか興味深い最新の知見が掲載された。注目の研究論文は、2005年から始まったタバコの規制に関する世界保健機構の枠組み条約(WHO FCTC)の影響を世界的視野でレビューしたものである。

 解析を行なったのは、ジョージタウン大学ロンバルディ総合がんセンター(米ワシントンD.C)の腫瘍学教授であるDavid Levy氏らの研究チーム。結果、WHOが謳うこの世界的なタバコ規制プログラムの効果によって、2008~2014年の間に88カ国5300万人もの禁煙(者)を後方支援できたとの数値が導かれた。

 Levy氏らの解読によれば、この喫煙率低下の影響によって、対象国全体の累計で2200万人近くの生命が救われた計算になるという。

 禁煙に有効な各種の対策とそのおおよその有用人口の内訳は、「高いタバコ税効果」で700万人、「禁煙法」で540万人、「健康被害警告によるもの」で410万人、「販売禁止が導いた結果」が380万人――。

 件の枠組み条約下、6年間でこれだけの人々の「生命を救うこと」に有用な結果が得られ、禁煙(者)への取り組みは、「150万人の生命を救うことに寄与した」と同報告は綴っている。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘