【病気の知識】

強迫性障害

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな病気

「とらわれ」や「こだわり」が極端で、自分でもばかばかしいとわかっていながらある考えが執拗に浮かんできて頭から離れなくなったり、不必要とわかっていてもその行動をいつまでも繰り返したりして、日常生活に支障を来している状態をいいます。欧米の統計では一般人口の1−2%にこの障害を持つ人がいると言われています。性差はあまり見られないようです。うつ病や不安障害との合併が多いことが知られています。

どんな症状

 反復する強迫思考と強迫行為です。強迫思考は、心の中に繰り返し浮かぶ観念、衝動、イメージのことです。通常ご本人の意思とは反した、そして嫌な内容(不潔、暴力、死、わいせつなど)のものが多く、不適切で無意味とわかっていてもその考えが頭から離れず、いつまでも苦痛をもたらします。

 強迫思考に伴って高まる不安を打ち消すための行為や儀式を強迫行為と言います。たとえば「不潔に対する恐れ」から手をいつまでも洗い続けたり、「盗難」や「火事」を心配して何度も何度も戸締まりや火の元を点検しいつまでたっても外出そのものができなくなったりします。

どんな診断・検査

 問診が中心になります。他の精神障害の併存についても調べていきます。

どんな治療法

 まずは心理教育を行い、ご本人やご家族の疾病に対する知識や理解を深めます。薬物療法を行う場合、用法・用量を守ることが大切です。認知行動療法も平行してすすめていきます。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇