電通の過労自殺から学ぶ<負のスパイラル>の心理~「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まともな判断力さえ奪われる<負のスパイラル>

 高橋まつりさんは、亡くなる2カ月前からSNSに<辛さ>を書きつづった。自らの命を絶つに至るまでの心情が切々と伝わってくる。救いのシグナルを発していた。

 それほど辛いなら、「会社を休む」「転職する」など、「そこまで追い詰められる前に何らかの対処できたのではないか」という声は必ず上がる。

 確かに、客観的にはその通り。労働基準法の厳守を主張し、上司や上層部に働き方の改善を掛け合うことも、労働者の権利としてはできるはず――。

 ところが、そうした判断力や気力、体力さえ奪われてしまうのが、過重労働の恐ろしさだ。

 心身とも消耗し、自分では身動きが取れなくなる心理状態に陥る。不調を感じながらもズルズルと出勤を続け、さらに消耗していく<負のスパイラル>だ。

 家族が見かねて病院に連れて行く、上司や同僚が休むように促す、友人がアドバイスするなど、周囲の働きかけがなければ、欠勤すら自発的にできない。

 負のスパイラル断ち切ってくれる人がいなければ、最後は過労自殺に至る。うつ症状が現れるような前兆の段階における、周囲の理解と接し方は、自殺を防ぐ大きな意味を持つ。

 決して自己責任だけにとどまらず、周りの人にもその役目が問われているのだ。

過重労働で奪われる思考力の恐ろしさ

 そんな過労自殺にまつわる心のプロセスがよくわかるマンガが10月25日、ツイッターに投稿された。フリーのイラストレーター・潮街コナさんが、元電通社員の労災認定のニュースを受けて制作した『「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由』だ。

*潮街コナさんの作品 http://www.pixiv.net/member.php?id=240501

 潮街さんは、広告制作会社で月100時間近くの残業をしていた頃の自身の体験をもとに、このマンガを描いた。全8頁には、長時間働き続けるうちに思考力が奪われる恐ろしさや、そこまで追い込まれないための対処法が載っている。

 過重労働に悩む人だけでなく、多くの人に読んでもらいたい。人知れずこうした苦しみを抱えている人が、あなたの近くにいるかもしれないからだ。

 <ムリっぽいと思ったら、安全な場所でとにかく座り込む。それだけでいい!! 救急車で運ばれてください 緊急事態には違いない>

 経験者の潮街さんだからこそ伝えられるエピソードが印象深い。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太