ASKAが「覚せい剤」で再逮捕! <刑罰>では薬物依存から更生できない理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

覚せい剤依存は病気! <刑罰でやめさせる>ではうまくいかない

 これだけ社会的な制裁を受けながら、それでも覚せい剤使用をやめることができないのは、どうしてなのだろうか――。

 薬物依存研究の第一人者である国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長である松本俊彦医師は、当サイトのインタビューにこう答えている。

 「覚せい剤依存というのは<病気>です。病気である以上、刑罰や叱責による歯止めには限界がある。だから、医療者は患者として相対し、できることをやっていくことが大切なんです」

 松本医師によると、覚せい剤依存は一種の<慢性疾患>であり、これを刑罰によってやめさせようとしてもうまくいかないことが多い。それよりも、いかに医療モデルの中に組み込んでいくかが大切なのだという。

大切なのは薬物について率直に相談できる援助者

 効果的なプログラムとしては、たとえば松本医師が開発した「SMARPP(スマープ)」がある(参照:薬物依存で<人里離れた施設に隔離>は古い?~街中でも治療可能な「SMARPP=スマープ」)。

 これは、マニュアルとワークブックに基づく24セッションで1クールのプログラムだ。薬物についての知識を学んだり、認知行動療法的なスキルで再乱用を防いだりできるという。

 一方で、松本医師はこのようなことも述べている。

 「とにかく薬物について率直に話せる援助者との関係が長く続くほど、再発率が低いことがわかっています」

 人気アーティストだったゆえに、マスコミに常にマークされて普通の人としてふるまうことのできないASKA被告には、身の回りに薬物について率直に相談できる援助者があまりいなかったのだろうか。

 彼のためには、マスコミや一般人も奇異な目で監視するのではなく、共に支え合う人との関係が作りやすいように、そっと見守ることも必要だったのかもしれない。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇