「食品ロス」を減らす<冷蔵庫・食材管理アプリ>~日本の廃棄量で世界の飢餓が2回救える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

①冷蔵庫の中身や食材を管理するアプリ

●「レシピde冷蔵庫」iPhone、iPad
リストからを選ぶだけで簡単に食材を登録し、外出先でチェックできる。冷蔵庫だけでなく、冷凍庫や常温保存食にも対応。食材リストをタップするだけでレシピ検索でき、食材の使い切りにも便利だ。

●「商品バーコードで賞味期限をお知らせ!Limiter」iPhone、iPad
商品に付いているバーコードで商品名を読み取り、簡単に食材をリストに登録することができるアプリ。賞味期限が近づくとプッシュ通知で知らせてくれるので、献立を考える際にも役に立つ。

●「食材キーパー」Android 2.2 以上)
簡単入力で、冷蔵庫などに保管している食材の消費量や消費期限、購入日などを記録し管理できる。賞味期限が近付くと知らせてくれる機能があるので、食材の無駄がなくなる。

●「食材管理人+冷蔵庫などにある食材の賞味期限を管理」Android 2.2 以上)
登録された食材の品目を選ぶだけで在庫管理。個数や賞味期限、メモも残せ、外出先でチェックできるので無駄な買い物を防止。残っている食材で作れるレシピも探せる。

②豊富な料理レシピを検索できるアプリ

●「レシピ 無料!毎日つかえる料理レシピまとめ レシぽん」(iPhone、iPad、Android4.0 以上)
毎日の献立決めに困らないレシピアプリ。収録されているレシピは、すべてプロによるものだから味も保証付き。冷蔵庫の中にある食材や、調理時間、カロリーなどで絞り込み検索ができる。

●「ペコリ 人気料理のレシピが無料で毎日届く」(iPhone、iPadAndroid 4.0.3 以上)
約450万レシピを掲載し、毎日おすすめ料理が更新される。主婦による投稿が多いので、シンプルでお手軽。気に入ったレシピをお気に入りに保存できるので、レパートリーが増やせる。

 こうしたアプリを活用すれば、食費の無駄が減ってお財布に優しく、「食べ物を捨てる」罪悪感ともサヨナラできる。食品を無駄にしがちな人は、ぜひ試してみてはいかがだろう?
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫