漫画『カイジ』のVR<鉄骨渡り>が登場! バーチャルリアリティで「高所恐怖症」を克服!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウンタウン・松本人志は「閉所恐怖症」をVRで克服か?

 件のアプリ「Itsy」はストックホルム大学の学者が開発協力しており、玩具状のクモが徐々にリアルに化してゆくという仕組み。セラピーではVR上の接近度を測定し、プレイ後は実体験に挑ませたが、結果は(2度目での克服者も含め)全員が歩み寄りに成功したそうだ。

 やはりクモ恐怖症の克服を狙ったIgnisVRのHTC Vive向けソフト『Arachnophobia』の共同開発者には心理学専攻の学生が携わるなど、これらの錯覚や慣れから恐怖の克服をうながすソフトの多くは「行動療法」と呼ばれるセラピー方法を参照して開発されている。

 一方、いわば恐怖を意図的に与えるVRコンテンツの場合、健康面やモラルの問題、あるいは法律面でも議論の余地や課題が多いことも事実だ。

 たとえば、セラピー中の被験者が興奮状態に陥る事例は容易に想定できるが、「専門家による適切な指導があれば(法律的にも)問題ない」との見解を寄せる臨床心理学者もいる。

 高所恐怖症の克服向けコンテンツの場合も仕組みはシンプルで、まずは外景が見えるエレベータで高層ビルを上り、手すりのない足場を歩くというVR映像を体験してもらう。それに慣れたら現実世界での最後の試練とばかり、高層ビルから滑車を使ってZIPライン下降に挑んでもらうというものだ。

 こうした効果を認知行動療法(曝露療法)に取り入れたのが、今後の需要(導入)が期待されるVR曝露療法だ。

 たとえば、飛行機恐怖症の場合、従来ならば「最後の試練」が実際の機内の椅子に腰かけて空を飛ぶことだった。この最終儀礼はVRになっても変わらないわけだが、「事前の慣らし」が病院内で出来たり、スマホのVRアプリで体験できれば克服挑戦の親近性をうむだろう。

 昨年5月OAの日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』内で、ゾンビ姿の待ち伏せ場面を収録して以降「閉所恐怖症」に陥っているとトラウマ告白した松本人志さん。もし、閉所恐怖症克服のアプリが登場したら、ぜひ挑戦ライブ放送を期待したい!
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆