医師234人が23種類の診断コンピュータに勝利! AI実用化で深まる「患者との信頼関係」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AIの実用化が、医師の負担を減らし、患者との信頼関係も深める

 たとえば、東京大学医学研究所ヒトゲノム解析センターの宮野悟センター長は、2015年7月にIBMのAI「Watson(ワトソン)」を導入。

 Watsonが血液腫瘍を中心とする2000万件以上の研究論文や1500万件を超える薬剤の特許情報を学習し、患者の症状やゲノム情報から原因疾患と治療法を探索・推論する診療システムの開発をめざししている。

 また、自治医科大学地域医療学の石川鎮清教授は、ディープラーニング(深層学習)を活用した総合診療支援システムのホワイト・ジャックを複数の企業と共同開発。

 ホワイト・ジャックが自治医科大学に蓄積された8000万件の診療情報やレセプトデータの他、鑑別の感度・特異度に関する研究論文を学習し、患者の症状から複数の鑑別疾患を挙げながら、発症の確率を割り出す診療システムを構築しつつある。

 このように推論・学習するコンピュータやAIの実用化が進めば進むほど、医師の負担が軽減され、医師はより効率的に高精度の確定診断が行えるので、患者との信頼関係もますます深まるにちがいない。医師をサポートするコンピュータやAIの活躍に期待しよう。
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔