シリーズ「オルガスムのサイエンス 性的快楽と心身と脳の神秘を探る!」前編

女性のオルガスムの感覚は十人十色!男性は週3回以上の性交で心臓発作、心筋梗塞が半減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オルガスムは健康にいい? 年齢に関係する?

 1997年に『イギリス医師会雑誌』に掲載された『Sex and Death, Are They Related?』という論文によれば、45〜59歳の男性918人を対象にした10年間にわたる「オルガスムの追跡調査」を実施したところ、週に2度以上のオルガスムに達している男性は、そうでない男性と比べると、調査した全疾患の死亡率がおよそ50%だった。

 続いて2001年に実施した「オルガスムの追跡調査」では、週に3度以上の性交を行う男性は、まったく行わない男性に比べると、心臓発作や脳梗塞の罹患リスクがおよそ50%だった。

 このような実証研究は多くないが、2つの調査結果を見るかぎり、オルガスムと健康の相関関係は低くないようだ。では、オルガスムと加齢の関係はどうだろう?

 1980年にマスターズ・W・Hとジョンソン・V・Eが行った研究発表によれば、男女ともに加齢とともに性ホルモンであるテストステロンの産生が減少するため、性への関心が薄れ、性的反応が鈍化することから、オルガスムに伴う紅潮、筋肉緊張、直腸の収縮などが衰退し、陰茎や膣の収縮回数が激減する。その結果、男性は、射精回数、射精する精液の量や飛距離が減少し、射精後の不応期も長くなるため、オルガスムの達成感が弱まる。

 女性は、卵巣から性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの分泌が激減し、腟への血流が減少するので、性欲が減退し、腟開口部の陰唇と腟壁の弾力が失われる。その結果、腟分泌液が減少し、性交中の潤滑さが阻害されることから、性交が心地よく感じられなくなる。

 このような生理的な機序から明らかなように、男女ともに加齢に伴ってオルガスムが減衰するのは避けられない。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆