肥満を招く「お好み焼き+ご飯」! W炭水化物の「主食重ね食べ」に警鐘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府も『太めの人、「主食重ね食べ」にご用心!』

 それでも他の都道府県民からすれば、その象徴的コンビである「お好み焼き+ご飯」は聞くだにコテコテのW炭水化物ぶりで腰が引けるのも確かだろう。

 この主食の重ね食べの実態に関する大阪府の見解(=章の見出し)は、『太めの人、「主食重ね食べ」にご用心!』と、「食」の字が繰り返さるイエローカードっぽいもの。

 もちろん、このテの県民別食事情の功罪例はいくらでもあって、過去記事(「うどん県」は「メタボ県」!? あの県の小4の1割が肝機能・脂質・血糖値に異常!)でもネタにしている。

 吉本芸人の席捲に象徴されるごとく、大阪人の上京派が増殖気味のTOKYO。それに応じて、「お好み焼き定食(有り)」の看板メニューを掲げる店ももしかしたら増えているのかも……。

 いや、冒頭の①②③の組み合わせだって、「セット」の2文字や「定食」の3文字がついた途端、ランチ時の空腹感を魅了してやまないもの。げに恐ろしきはコトバの魔力だろうか?
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆