連載「頭痛の秘密がここまで解き明かされてきた」第11回

カキ氷でなっても「アイスクリーム頭痛」!? 冷たいものを食べると起こる「キーン」の正体

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2457266-2.jpg

かき氷を食べたときに起きる頭痛の正体は?(shutterstock.com)

 いよいよ夏本番になってきました。夏といえば熱い日差しの中で食べる「かき氷」がおいしいですよね。ところで、みなさんの中にもカキ氷やアイスクリームなどの冷たいものを食べた時に、頭頂部に「キーン」という頭痛を感じた方も多いと思います。

 このような頭痛は「アイスクリーム頭痛」と呼ばれ、頭痛学の教科書にも書かれています。ちなみに「かき氷頭痛」ではなく「アイスクリーム頭痛」という呼び名になったのは、欧米人が国際的な頭痛分類(注1)の中で最初に記録したため、欧米に基準になっているからです。

 アイスクリーム頭痛は「冷たい固形物、液体、気体が口腔や咽頭(のど)を通過することによって急速に誘発される」と定義されています。この寒冷刺激が、三叉神経と自律神経を刺激して、反射的に痛みを起こしているのではないか考えられています。

 ほとんどの人が経験している症状ですが、人それぞれに感受性の違いや温度感覚の閾値の差があると考えられています。

 症状をきたす人の頻度はについては諸説あり、2〜6割の人で感じるとされています。若年者は6割程度が起こすとの報告もあります文献(注2)。また、たくさんのアイスクリームを早い速度で食べれば、当然、頭痛を感じる人も多いでしょうし、少ない量のアイスクリームをゆっくり食べると起こりにくいと考えられています。よってガキ氷やアイスクリームの量、温度などにもよりますが、その人の感受性、体質にでも異なると考えられています。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子