バターはカラダにいいのか? いまだ続く論争にアブラを注ぐ「バター善玉論」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中立で悪者ではないがアレよりは…

 やや見解が異なるMozaffarian氏らの研究結果、その要点はこうだ。バターを人よりも多く摂取する人々は総じて、食生活や生活習慣もほめられたものではなかった。それでも彼らの解析結果も「中立」の位置を示したという。

 その点をふまえて、共著者の1人はこう語る。

 「つまり、バターは“中道”の食べものだと示唆されたわけです。言い換えれば、砂糖やでんぷんよりは健康的な選択肢だが、大豆やキャノーラ、アマニやオリーブなどの健康的な食用油と較べると健康的ではありませんね」

 彼らの解析結果によれば、バター摂取は早期死亡リスクの上昇に「ごく弱い関連」を示しはするものの、心疾患全体には関連しなかった。一方で、糖尿病から「保護する関連性」がわずかながらもみられたそうだ。

 バター摂取により、わずかであれ「糖尿病リスクが低下する」傾向は複数の先行研究からも示唆されている。ただ、今回の研究は因果関係を証明するものではない。

 ゆえに実際のところ、バター摂取が同リスクを低下させるのかどうか、あるいはバター摂取に関連する他の因子が関与しているのかを突き止めるにはさらなる探求が必要なのはいうまでもない。

 また、Mozaffarian氏らの成果と立ち位置はもちろん、バターが健康に対して「何らかの実益をもたらす」というものではない。

 でも、巷間で沸騰中のリスク論争に文字どおり、「火にアブラを注ぐ」論考であることはたしかだろう。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子