バターはカラダにいいのか? いまだ続く論争にアブラを注ぐ「バター善玉論」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中立で悪者ではないがアレよりは…

 やや見解が異なるMozaffarian氏らの研究結果、その要点はこうだ。バターを人よりも多く摂取する人々は総じて、食生活や生活習慣もほめられたものではなかった。それでも彼らの解析結果も「中立」の位置を示したという。

 その点をふまえて、共著者の1人はこう語る。

 「つまり、バターは“中道”の食べものだと示唆されたわけです。言い換えれば、砂糖やでんぷんよりは健康的な選択肢だが、大豆やキャノーラ、アマニやオリーブなどの健康的な食用油と較べると健康的ではありませんね」

 彼らの解析結果によれば、バター摂取は早期死亡リスクの上昇に「ごく弱い関連」を示しはするものの、心疾患全体には関連しなかった。一方で、糖尿病から「保護する関連性」がわずかながらもみられたそうだ。

 バター摂取により、わずかであれ「糖尿病リスクが低下する」傾向は複数の先行研究からも示唆されている。ただ、今回の研究は因果関係を証明するものではない。

 ゆえに実際のところ、バター摂取が同リスクを低下させるのかどうか、あるいはバター摂取に関連する他の因子が関与しているのかを突き止めるにはさらなる探求が必要なのはいうまでもない。

 また、Mozaffarian氏らの成果と立ち位置はもちろん、バターが健康に対して「何らかの実益をもたらす」というものではない。

 でも、巷間で沸騰中のリスク論争に文字どおり、「火にアブラを注ぐ」論考であることはたしかだろう。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇