絶対に避けたい! 話題の「フレーバーウォーター」の“持ち運び”が危険な理由

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安全を優先すればオシャレさがなくなる?

 持ち歩きなら、保冷もでき光も通さないTHERMOSや象印などに代表される「魔法ビン系」の水筒が便利だ。しかし、カラフルさで気分がアガるフレーバーウォーターには透明のボトルが好まれるはず。これからの季節の持ち歩きには、不向きだといえよう。

 また、「野菜や果物の栄養分が水に溶けだす」とあるが、その点はどうだろう? 切った野菜を水に漬けっぱなしにすると「水溶性のビタミンなどが外に流れ出してしまう」といわれるが、果たして美容に効くほどの栄養素が摂れるかは定かではない。

実は「気分をアゲる」だけ?

 実際に飲んでみると、これがじつになんとも「薄味」。入れるものと量にもよるだろうが、果物もつぶしたりしていないため香りの恩恵も微妙だ。つい「いろはす みかん」をイメージしてしまうが、完全に裏切られる。

 体験者からは、「レモンを普通に絞って入れた方がよほど香りがいい」とか「決しておいしくはない……」という本音もチラホラ聞こえてくる。そう、あくまで「気分をアゲる」流行りもの感に満ちている。

 そんなフレーバーウォーター、自宅の冷蔵庫で冷やして楽しむぶんにはすてきだが、安全な水筒に入れて持ち歩く(オシャレさに欠ける!)ほどのメリットは、どうやら見当たらなそうだ。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子