インタビュー「若年性更年期障害」第3回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病名をつけてもらいたい人は、病気のせいにしたいから

――先生が提案する方法はどれも自分でできることですね。人によっては、生活習慣も自分で変えられない人もいます。その場合はどうしたらいいでしょう。

 病名をつけてもらいたい人は、病気のせいにしたいからだということを感じます。自分のせいにしたくないのでしょう。その場合は、人の手をうまく借りて、助けを求めることをお勧めします。

 自分の力でうまくコントロールできずに不調を感じても、どこに相談したらいいかわからない人もいます。困ったときは普段から気軽に相談できる、かかりつけ医を見つけましょう。かかりつけ医は家庭医ともいわれるホームドクターのこと。「気になったらとにかく行ってみる場所」です。婦人科である必要はないので、まず近所のクリニックで、相談しやすいドクターを見つけましょう。症状によっては専門医を紹介してくれることもあります。

 思い込みで病気と自己判断しないで近くの信頼できるホームドクターに相談してみること、不安を和らげ、ストレスを軽減することに繋がりますね。
(インタビュー・文=夏目かをる)

清水なほみ(しみず・なほみ)
ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長
2001年、広島大学医学部医学科卒業。広島大学附属病院産婦人科、中国がんセンター産婦人科、ウィミンズウェルネス銀座クリニック、虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。
日本産科婦人科学会専門医、 日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。
所属学会:日本産婦人科学会・日本性感染症学会・日本思春期学会・日本不妊カウンセリング学会

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇