インタビュー「若年性更年期障害」第3回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病名をつけてもらいたい人は、病気のせいにしたいから

――先生が提案する方法はどれも自分でできることですね。人によっては、生活習慣も自分で変えられない人もいます。その場合はどうしたらいいでしょう。

 病名をつけてもらいたい人は、病気のせいにしたいからだということを感じます。自分のせいにしたくないのでしょう。その場合は、人の手をうまく借りて、助けを求めることをお勧めします。

 自分の力でうまくコントロールできずに不調を感じても、どこに相談したらいいかわからない人もいます。困ったときは普段から気軽に相談できる、かかりつけ医を見つけましょう。かかりつけ医は家庭医ともいわれるホームドクターのこと。「気になったらとにかく行ってみる場所」です。婦人科である必要はないので、まず近所のクリニックで、相談しやすいドクターを見つけましょう。症状によっては専門医を紹介してくれることもあります。

 思い込みで病気と自己判断しないで近くの信頼できるホームドクターに相談してみること、不安を和らげ、ストレスを軽減することに繋がりますね。
(インタビュー・文=夏目かをる)

清水なほみ(しみず・なほみ)
ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長
2001年、広島大学医学部医学科卒業。広島大学附属病院産婦人科、中国がんセンター産婦人科、ウィミンズウェルネス銀座クリニック、虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。
日本産科婦人科学会専門医、 日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。
所属学会:日本産婦人科学会・日本性感染症学会・日本思春期学会・日本不妊カウンセリング学会

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆