親の“情け”が肥満児を食べすぎに走らせる!? 家族の「肥満」を正しく認識するには……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「肥満」「肥満ぎみ」が家族の多数を占めると……

 もう一方の研究は、オランダの5~6歳の小児2800人強を対象に行なわれた。結果、小児らの親のうち、約4割の層が「わが子の体重」をおおむね正しく推定できたという。

 ところが「過体重または肥満」の子をもつ親の82%は、その体重数値を過小評価している実態も判明した。

 さらに、家族の<半数以上>が過体重や肥満気味である家庭と、<半数未満>の家庭とを較べた場合も、前者の親のほうが、子どもの肥満を過小評価している傾向が高かった。

富裕層は子どもの肥満を正しく認識

 貧富の違いに表われた肥満小児の割合も興味ぶかい。

 貧困家庭層の肥満児が16%に対し、富裕層は11%と、肥満率が親の社会経済的状況によっても左右される。加えて子どもの「肥満」を正しく認識できている親の割合も、3分の1を占めた富裕層に対し、貧困層の親たちの認識率は20%に過ぎなかった。

 研究に臨んだフローニンゲン大学医療センター(オランダ)のGrietje Lijkleme氏らはいう。

 「過体重の子どもを正しく認識するという点において、富裕層が優れている傾向は判明した。しかし全体的にみれば、親がそれを正しく認識できているかどうかは、家族に占める過体重者の割合に影響しているようだ」

 日本の場合、文部科学省が発表した『学校保健統計調査速報』(平成25年度)によれば、平成18年以降減少傾向にあった「肥満傾向児」は同23年度からは横ばい状態をみせている。

 この時点で、肥満傾向の子どもの割合は「東北地方」が従来比で高く、男女比では男子の割合が女子よりも高かった。
 
 最近では、大人と同じ肥満が原因の「小児生活習慣病」という言葉も生まれている。

 子どもの場合、厄介なのは、乳幼児期・幼児期・児童期と、その時々の成長ぶりに応じたスケールを用いる必要がある。

 大人の尺度は流用できないため、成長に応じた客観的な適性値を把握しなければならない。お子さんのいる家庭では、ふだんから気にかけておられるだろうか?
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆