連載「更年期をのりこえよう!」第19回

更年期外来では実際どんなことをする? 治療には必ずゴールがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

治療後は最低でも年に1回は婦人科健診と血液検査を

 以上のカウンセリングと検査結果をつきあわせて、その人にぴったりと合った治療法を考えていくのである。医師は、患者の年齢や既往歴、家族歴などを勘案して、一人一人の体質に合った薬、投与方法、投与期間を選択し、きめ細かな対応をしていく必要がある。

 HRT開始後は、不快症状が改善しているか、不正出血などのマイナートラブルがないかを、毎月、問診にてチェックして、結果を治療にフィードバックしていく。そして、最低でも年に1回は婦人科健診と血液検査を実施して、治療効果の判定とともに、副作用が出ていないかを慎重にフォローアップしていかなければならない。

 忘れてはならないのは、更年期障害の治療には必ずゴールがあるということだ。人間の体は順応性に富んでいて、健康を維持するために体内環境を一定に保とうとする働きがある。これをホメオスタシス(恒常性の維持)という。

 閉経後、数年経って、ホルモンバランスの乱れに体が慣れてくれば、不快症状は次第に落ち着いてくる。症状が落ち着けば薬の投与量を減らしていき、最終的に薬の助けなしでも日常生活に支障がなくなれば治療は終了となる。トンネルの出口は必ず存在するのである。

連載「更年期をのりこえよう!」バックナンバー

宮沢あゆみ(みやざわ・あゆみ)

あゆみクリニック院長。早稲田大学卒業後、TBSに入社し、報道局政治経済部初の女性記者として首相官邸、野党、国会、各省庁を担当。外信部へ移り国際情勢担当。バルセロナオリンピック特派員。この間、報道情報番組のディレクター、プロデューサーを兼務。その後、東海大医学部に学士編入学。New York Medical College、Mount Sinai Medical Center、Beth Israel Medical Center へ留学。三井記念病院、都立墨東病院勤務などを経て「あゆみクリニック」を開業。働く女性に配慮して夜間や土曜も診療しており、思春期から更年期までの女性のトータルケアに力を入れている。
あゆみクリニック」完全予約制。診療日:月,火,木 11:00~14:00 17:00~20:00 土 11:00~16:00

宮沢あゆみの記事一覧

宮沢あゆみ
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫