スマホケースで化学やけど? 液体とラメの入った「キラキラケース」が危険!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何事もなかったように販売中?

 まだ、大手ネットショップを検索すれば、まるで何事もなかったように「液体ケース」の商品群が個性を競って売られている。

もちろん、これらの掲載商品すべてが危険性を含むわけではないだろうが、今後のマーケットへの影響が注目される。

 強い酸を含む漏れた液体は、化学火傷を起こした皮膚に長期間ないしは一生消えない傷痕を残す可能性があるという。
もし万が一、件の液体が皮膚に触れた場合は、清潔な布でふき取り流水で洗い流す応急処置をとろう。その上で皮膚科へ。
(文=編集部)

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行