恐怖“デジタル・デッドウォーカー”~当人は「歩きスマホ」「ながら歩き」に無自覚!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
digitaldeadwalker.jpg

キャンペーンで貼られた「やめましょう、歩きスマホ。」ポスター

 メールをしたり、話したりしながら歩くのは、とても危険な習慣だ。特にスマートフォンや携帯電話の操作を行いながらの「歩きスマホ」は、夢中になるあまり注意力が低下し、ケガやトラブル、事故を招く。
 
 当サイトでも、その危険性については警鐘を鳴らしてきた。「『ボイスコマンド』でも注意力は低下! 運転中のスマホ操作が事故を招くことに」「視覚と聴覚の情報統合をさえぎる『歩きスマホ』の危険性」

 また、周辺の人や物体を察知する能力が鈍くなるため、ひったくりやわいせつ行為の被害も相次いでいる。人が混み合う駅のホームでの転落事故、客同士の衝突によるケガやトラブルが頻発。社会問題となって久しい。そこで、JR東日本と携帯大手3社は昨年11月、「歩きスマホ」の減少を目指す大掛かりなキャンペーンを首都圏で展開した。

 一方、歩きスマホ専用レーンを設けるなど、その行為を容認している中国。だが最近、「歩きスマホ」の女性が、誤って川に転落して溺死する事故が起きた。その転落の様子は防犯カメラに記録されていた。遺族の話では、女性は普段も食事の際から寝る直前まで携帯電話を手放さなかったという。

米ニュージャージー州は「歩きスマホ」違反者に罰金

 一般社団法人 電気通信事業者協会が昨年、調査報告*した内容によると、スマホ所有者の約8割が歩きスマホの経験があり、うち10〜30代の半数以上が、「日常的に」「時々」やっている。また、歩きスマホが原因で「人にぶつかりそうになったことがある」人は33.7%、実際に「ぶつかったことがある」人は4.5%いた。
 *「『歩きスマホ』に関する調査」: 2014年12月11~14日、東京23区・名古屋市・大阪市・福岡市・札幌市在住のスマホ保有者(15~69歳の男女)を対象に実施。

 世界的に「歩きスマホ」は取り締まりの方向に傾いている。米ニュージャージー州フォートリーでは2012年に「歩きスマホ規制条例」が成立、違反者に85ドルの罰金が科されるようになった。

他人の「ながら歩き」気になるが、自分は自覚なし?

インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第1回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

インソール(靴の中敷き)については、足のニオイ消しや靴のサイズ調整などでこれまでに使った経験がある人は多いだろう。「靴の中に入れるものはすべてインソールなのですが、目的や役割で分類できるんです」と教えてくれるのは、義肢装具士の大平吉夫さん。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。大平さんにインソールについて詳しく聞いてみた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁