“虐待”猫カフェが営業停止! 里親を探すカフェが猫に幸せを運ぶ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫カフェ、里親を探す

 今や全国で200軒以上が営業する猫カフェ。自宅で飼えないとも、猫にふれあい癒やされたい。足しげく通う愛猫家のそんな思いを裏切る業者に限って、WEBサイトには愛らしい猫の姿があふれる……。

 だが、対極の「保護猫カフェ」の存在を知っているだろうか。

 NPO法人「東京キャットガーディアン」は2008年、保護した猫の譲渡会場として開放型シェルターを猫カフェとして立ち上げた。全国初の試みだ。

 里親希望者と猫とのお見合いの場所としての猫カフェ。入場料金は設定していないが、入室には寄付が必要となる。寄付金は保護猫の食事やトイレの砂、薬代などに当てられる。

 大塚と西国分寺、そして蒲田にシェルターと保護猫カフェのある同法人は、2014年までに譲渡数4000頭を超えた。殺処分となる運命だった、猫4000匹の命を救ったのだ。

 ほかにも、動物病院が運営する「hako bu neko」「猫の家」「しらさぎカフェ」、岐阜・大阪・東京で展開する「ネコリパブリック」、神奈川県3店舗の譲渡型猫カフェ「にゃんくる」などが活動している。

 保護した猫の幸せが最優先ゆえ、カフェでは「大声を出さない」「ムリヤリ抱っこはNG」「尻尾はつかまない」「未就学児はお断り(あるいは保護者同伴)」などの注意事項が多いのも特徴だ。

 そして、誰もが気軽に猫をもらえると思ったら大間違い。里親になるには、飼育可能な環境、養うための経済能力、同居者の同意、終生飼育するつもりがあるかなどを求めるカフェが多い。

 何度もスタッフと面談する場合もある。それは、再び捨てられたり、転売されたり、虐待されたりすることを防ぐために必要だからだ。ワクチン代や避妊・去勢費用の経費が発生する保護猫カフェもある。

 環境省は先頃、猫カフェ業者からの「猫は夜行性なのでストレスが少ないから20時以降の営業を認めてほしい」という要望を受け、営業時間を22時まで認めることを発表した。

 猫に癒やされたい人は、できればそんな保護猫カフェを選んでほしい。あなたのそのチョイスが、猫の幸せを支えることになる。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真