“虐待”猫カフェが営業停止! 里親を探すカフェが猫に幸せを運ぶ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cathappy.jpg

猫の幸せはどこに……(shutterstock.com)

 空前の猫ブームらしい。だが、以前からその魅力の虜になっている人からしたら、「何を今さら」であろう。

 むしろ、ブリーダーが儲け時ととらえて、繁殖を急ぐことのほうに危惧を覚える人も多い。

 繁殖させた人気の純血種の猫は、ペットショップなどを通じて販売されることになるが、なかにはブリーダー自身が「猫カフェ」を経営し、直接販売するケースもある。

 先月、劣悪な環境で営業していた東京都墨田区の猫カフェ「ねこのて」が、動物愛護法に基づき、30日間の業務停止を命じられた。この店も、ブリーダーがオーナーだった。

繁殖させすぎて6畳に62匹!?

 「ねこのて」が虐待を行なっているとの通報は、昨年より寄せられていたという。ニュース・情報番組『みんなのニュース』(フジテレビ系)の潜入取材では、雑居ビル内の6畳ほどのスペースに、62匹もの猫を展示していたという。

 猫がひしめきあう状態。本来、猫は単独行動する動物で、犬のようにリーダーに従って群れで生活する習性はもっていない。たとえ狭くても、ひとりで過ごすスペースが必要だ。

 初めて猫を飼う人のためのガイド本には「1頭あたり1部屋以上確保したい」と記載されている。ひしめき合う状態が、いかにストレスだったかわかるだろう。

 さらにこの店では、猫7割が特有の風邪にかかっていたという。この密集した飼育環境で、1匹が感染したらひとたまりもない。

 東京都福祉保健局は、いきなり業務停止を命令したわけではない。度重なる苦情を受け、昨年7~12月に10回の立ち入り調査を行い、同店を繰り返し「指導」してきた。

 ところが改善が見られず、今年1月に「飼育頭数の適正化、動物の適正な管理、飼養環境の改善」などについて、2月6日までに改善するように「勧告」。それでも改善が見られず、今度は「命令」を出したがそれでもダメ。

 そして、4月21日から30日間の営業停止を命じた。全国初である。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇