避難所では疎まれる「ペット」の現実~全国初の「犬の殺処分ゼロ」達成した熊本市でさえ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
440637-2.jpg

ペットを置いて避難など……(shutterstock.com)

 震度7の激震に2度にわたり見舞われた熊本地震。地震直後は18万人を超えていた避難者が、3万7000人(4月28日現在、読売新聞)にまで減った。
 
 しかし、まだまだ多くの人が不自由な生活を強いられているのが実情。今回の地震であらわになったことの一つに、ペット連れの避難の難しさがある。

 西日本新聞(4月27日付)には、「ペット同行で避難所に入るのを断られた」という相談が600件あったこと報じられた。産経新聞(4月25日付)にも、「人の水もないのに犬に飲ませるのか」と言われた避難者の声が掲載された。

 大きな災害に見舞われたとき、ペットを連れてどこに逃げたらいいのだろうか?

動物愛護先進都市・熊本だが……

 熊本市は2014年度、「犬の殺処分ゼロ」を全国で初めて達成した。熊本市動物愛護センター「ハローアニマルくまもと市」の取り組みが全国的に注目され、視察や見学に訪れる人も増え、メディアに取り上げられる機会も増えた。

 いわば動物愛護先進都市である当地でも、「いざという時にもペットに手厚い保護を」というわけにはいかなかった。熊本市が作成していた避難所運営マニュアルには、「避難所側がペット同行者に配慮」するよう記載されていたというが、周知されていないからまったく機能していない。

 さらに、4月25日に更新された同市HP(政策局危機管理防災総室)には、「避難所でペットを飼育する場合も、居住スペースにはペットの持ち込み禁止」と記された。「ペットを連れて避難所に行けない」と判断した飼い主たちは、車中で生活することを選択せざるを得なかった人も少なくない。

 狭い空間での生活にストレスが溜まるうえ、エコノミークラス症候群を発症する飼い主、熱中症にかかるペットなど、人間も動物も心身の健康を害する要因は多かった。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇