30代女性の不調はコレで改善~「基礎体温」をつけるべき4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

専用の「婦人体温計」を手に入れよう

 基礎体温は、普通の体温計ではなく、ぜひ専用の婦人体温計を使用しよう。3000~5000円前後で購入できる。専用の婦人体温計が必要な理由はいくつかある。

●口内(舌下)で測れる
 わきの下で測る普通の体温計は、寝汗で冷えたり、外気温に影響されやすいが、婦人体温計は舌下で測るため、深部体温に近い数値が得られる。

●メモリが細かい
 通常の体温計で測れるのは小数点以下第一位までなので、「36.2℃から36.5℃まで0.3℃上がった。高温期に入ったとみていいのかな」と迷う。小数点以下第二位まで測れる婦人体温計ならば、上がったのが0.30℃か0.39℃かが精密にわかるため、そういった判断がしやすい。

●機能が豊富
 基礎体温は毎日グラフにする必要があるが、専用の婦人体温計は、体温計内で記録できたり排卵日などが分かったり、パソコンに数値を移行できるものなど、便利な機能があるものがたくさんある。

 もっとも面倒に感じる「毎朝、目が覚めたらふとんから出る前に必ず測る」という基礎体温計測の独自のルールだが、それを理由にやめてしまうのはもったいない。

 起き上がってしまっても布団に戻ってきちんと測り、あとでグラフに「朝トイレ後の計測」「1時間遅れ計測」などと書き込みしておけばよいし、忘れた日は飛ばして記録すればよい。

 習慣になれば数多くのメリットがあり、自分だけのグラフをつけてみると意外とひそかな楽しみになり、気分もアガる基礎体温計測、女性ならぜひ習慣づけたいものだ。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆