30代女性の不調はコレで改善~「基礎体温」をつけるべき4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

専用の「婦人体温計」を手に入れよう

 基礎体温は、普通の体温計ではなく、ぜひ専用の婦人体温計を使用しよう。3000~5000円前後で購入できる。専用の婦人体温計が必要な理由はいくつかある。

●口内(舌下)で測れる
 わきの下で測る普通の体温計は、寝汗で冷えたり、外気温に影響されやすいが、婦人体温計は舌下で測るため、深部体温に近い数値が得られる。

●メモリが細かい
 通常の体温計で測れるのは小数点以下第一位までなので、「36.2℃から36.5℃まで0.3℃上がった。高温期に入ったとみていいのかな」と迷う。小数点以下第二位まで測れる婦人体温計ならば、上がったのが0.30℃か0.39℃かが精密にわかるため、そういった判断がしやすい。

●機能が豊富
 基礎体温は毎日グラフにする必要があるが、専用の婦人体温計は、体温計内で記録できたり排卵日などが分かったり、パソコンに数値を移行できるものなど、便利な機能があるものがたくさんある。

 もっとも面倒に感じる「毎朝、目が覚めたらふとんから出る前に必ず測る」という基礎体温計測の独自のルールだが、それを理由にやめてしまうのはもったいない。

 起き上がってしまっても布団に戻ってきちんと測り、あとでグラフに「朝トイレ後の計測」「1時間遅れ計測」などと書き込みしておけばよいし、忘れた日は飛ばして記録すればよい。

 習慣になれば数多くのメリットがあり、自分だけのグラフをつけてみると意外とひそかな楽しみになり、気分もアガる基礎体温計測、女性ならぜひ習慣づけたいものだ。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太