女性がオーガズムに達するためには陰核と尿道口の距離、女性上位の体位が大事

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の9割が「絶頂は女性上位で」と証言

 Whelihan氏の診察を受けた女性陣の例でも、10人中9人の割合で過去にオーガズム経験をもつが、その大半がクリトリスを直接刺激する必要があったことを明かしている。
 
 また、70~90%の女性層が、挿入行為だけでは絶頂に達することが不可で、膣による絶頂経験を持つ女性の9割が「女性上位」の体位効果を証言している。

 一方、サザンオールスターズの歌にも登場した女性の尿道海綿体、「Gスポット(Gräfenberg spot:G-spot)」については、専門家の大方がその存在自体を認めていないようだ。

 Whelihan氏も「もし存在するとしても、それはごく少数の女性のみだと考えている」と語り、女性のオーガズムを望むカップルには、陰核への摩擦を得られる女性上位を推奨する。

“ 裏ワザ”女医がED治療薬を服用

 ほかにも、女性が意外な方法で絶頂を迎えるための方法がある。

 『週刊現代』(5月21日号)で、性科学者で婦人科医の宋美玄氏が、ED治療薬「シアリス」の効用を自らの体験から告白している。

 「その時は今まで体験したことがないくらい、ものすごく感じちゃいましたね。パートナーと一緒にとても楽しいセックスができ、女としての悦びを再認識することができました」

 しかし本来、シアリスは男性の勃起力を改善するためのED治療薬で、宋氏も女性への媚薬効果を推奨して処方するわけではないという。

 「濡れない」「痛い」「感じにくい」などの更年期障害に伴う訴求者(=女性ホルモンの投与後も改善されないとか)への「奥の手」として、シアリスを勧めていると語っている。

 前出・キンゼイ研究所のLloyd氏もこう助言する。

 「健康的で快適な性生活とは何か? そこに必ずしも女性のオーガズムが必要不可欠なわけでもありません」

 そう、人生はときに映画のごとく展開するが、なにもAVクラスの快楽絵図に劣等感をおぼえる必要もないのだ。
(文=編集部)
 


 

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫