犬も花粉症で「眠れない」!? 快適生活には“信頼できる獣医”との長い付き合い

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギー性疾患は長い付き合いに

 ここまででも、それなりの時間を要する。そして、アレルギー性疾患が推測されたら、現在のところ次のような治療法の中から、その犬に合ったものを組み合わせて治療を進めていく。

●アレルゲンの除去(完全な除去は難しいが、できるだけ抑える工夫をする)
●皮膚ケア(適切なシャンプー剤や薬浴で、アレルギー性皮膚炎の症状を悪化させない)
●薬物療法(ステロイド剤から漢方までさまざま)
●減感作療法(アレルゲンのエキスを少しずつ注射してアレルギー反応を軽減する)
●除去食療法(食物アレルギーが疑われるときに行う)

 ただし、いざ治療に入っても、アレルギー性疾患はすぐに症状が好転するものではない。多くの飼い主は、治療を始めて1カ月近く経っても改善が見られないと、獣医師への不信が出る。動物病院を転々とするケースも少なくない。

 しかし、一般的にアレルギー治療は根気が必要ということを踏まえるべきだ。完治を望むというより、症状をうまくコントロールして愛犬が快適に暮らしていくことをめざすといい。

 そのためには、この人なら、と思える獣医師に出会えたら、よくコミュニケーションを取り、信頼関係を築いて、息の長いつきあいをするべきだろう。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆