犬も花粉症で「眠れない」!? 快適生活には“信頼できる獣医”との長い付き合い

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギー性疾患は長い付き合いに

 ここまででも、それなりの時間を要する。そして、アレルギー性疾患が推測されたら、現在のところ次のような治療法の中から、その犬に合ったものを組み合わせて治療を進めていく。

●アレルゲンの除去(完全な除去は難しいが、できるだけ抑える工夫をする)
●皮膚ケア(適切なシャンプー剤や薬浴で、アレルギー性皮膚炎の症状を悪化させない)
●薬物療法(ステロイド剤から漢方までさまざま)
●減感作療法(アレルゲンのエキスを少しずつ注射してアレルギー反応を軽減する)
●除去食療法(食物アレルギーが疑われるときに行う)

 ただし、いざ治療に入っても、アレルギー性疾患はすぐに症状が好転するものではない。多くの飼い主は、治療を始めて1カ月近く経っても改善が見られないと、獣医師への不信が出る。動物病院を転々とするケースも少なくない。

 しかし、一般的にアレルギー治療は根気が必要ということを踏まえるべきだ。完治を望むというより、症状をうまくコントロールして愛犬が快適に暮らしていくことをめざすといい。

 そのためには、この人なら、と思える獣医師に出会えたら、よくコミュニケーションを取り、信頼関係を築いて、息の長いつきあいをするべきだろう。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子