シリーズ「これが病気の“正体”!」第2回

【閲覧注意】これが梅毒にかかった手の平! 国内で女性の感染者が激増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独特の患部からドイツ語で「イチゴ種」と命名

baidoku2016041401.jpg

表面は盛り上がり乳頭腫状に


 そして、部位に発生した紅色疹はすぐに潰瘍となり、周辺皮疹を徐々に吸収しつつ大きくなる。表面は盛り上がり、乳頭腫状となって易出血性の赤みを帯びてくるのでドイツ語で“キイチゴ”を意味する「フランベシア(frambesia=イチゴ腫)」と命名された。

baidoku2016041402.jpg

写真の模式図(簡単な解説つき)


 梅毒性フランベシアは、熱帯地方にあるスピロヘータ(spiro chaeta常在菌の一種)による皮膚感染症だ。画像の肉眼所見は、その熱帯イチゴ腫yaws(フランベシア)類似の表面顆粒状であり、境界明瞭な隆起性披疹である。

 手掌に生じる場合が多く、この患者例も表面びらんを伴い、鮮明な境界が認められる丘疹だ。梅毒検査を受けず3~10年ほど放置した場合、後期梅毒に進行する可能性が高い。末期となれば血管や髄膜が侵されて、神経梅毒、心血管梅毒、脳梅毒を引き起こし、今日では稀ながら最悪は死亡することもある。

“家庭の平和”に影響する“微妙な病気”

 私が経験した、別の事例を紹介しよう。症例は50代の男性。2年前に悪性リンパ腫の診断を受け、化学療法で寛解中だった。1週間ほど前から発熱し、頚部と頭部の皮膚に、痛みを伴わないしこりができた。臨床医は悪性リンパ腫の皮膚再発を疑った。

 診断確定のため、皮膚のしこりが生検された。ここからが病理医の出番――。

 顕微鏡では、真皮に「形質細胞」という炎症細胞が多数みられ、血管の細胞が腫れていた。梅毒スピロヘータに対する抗体を利用した免疫染色を行うと、病変内にらせん菌が多数証明された。第2期梅毒の診断の確定だ。患者さんはペニシリン投与で無事治癒した。
 
 このように、臨床的に疑われていない梅毒が、病理診断で初めて確定する場合がある。病理医が、炎症のパターンから「梅毒の可能性を疑えるか」にかかっているわけだ。

 この患者さんが、いつどこで誰から梅毒をもらったかは、ご自身がよく分かっているだろう。奥さんや家族にいったいどう説明するのか、“家庭の平和”をどう守るのか。病理診断を担当した私は、影ながら心配した。

 性感染症は、診断・治療の先にもいろいろな問題が潜む“微妙な病気”なのである。病理標本は嘘をつかない。


シリーズ「これが病気の“正体”!」バックナンバー

堤寛(つつみ・ゆたか)

つつみ病理相談所http://pathos223.com/所長。1976年、慶應義塾大学医学部卒、同大学大学院(病理系)修了。東海大学医学部に21年間在籍。2001〜2016年、藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。2017年4月~18年3月、はるひ呼吸器病院・病理診断科病理部長。「患者さんに顔のみえる病理医」をモットーに、病理の立場から積極的に情報を発信。患者会NPO法人ぴあサポートわかば会とともに、がん患者の自立を支援。趣味はオーボエ演奏。著書に『病理医があかす タチのいいがん』(双葉社)、『病院でもらう病気で死ぬな』(角川新書、電子書籍)『父たちの大東亜戦争』(幻冬舎ルネッサンス、電子書籍)、『完全病理学各論(全12巻)』(学際企画)、『患者さんに顔のみえる病理医からのメッセージ』(三恵社)『患者さんに顔のみえる病理医の独り言.メディカルエッセイ集①〜⑥』(三恵社、電子書籍)など。

堤寛の記事一覧

堤寛
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆