連載「乳酸菌で腸内環境を改善、がんも予防!」第11回

乳酸菌で「アトピー性皮膚炎」が改善〜アレルギー予防には“小腸の免疫アップ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳酸菌を継続的にとることでアトピー性皮膚炎の改善を示すデータが

 実際、乳酸菌を摂取することでアトピー性皮膚炎の発症率を抑えられるというデータいくつも発表されている。

 たとえば、両親がアレルギー体質だと一般的に子どもにもその体質が遺伝する確率は高くなることが知られている。

 しかし、フィンランドでの実験では、アトピー性皮膚炎の家族歴のある妊婦を対象に、出産1カ月前から出産6カ月後まで乳酸菌を継続的に摂取したグループは非摂取グループに比べ子どものアトピー性皮膚炎の発症率が半減し、しかもその効果が7年経過しても効果があることが示された。

 さらにアトピー症状を持つ小児に対しても乳酸菌の継続的な摂取は症状の改善に効果があることも証明されている。アトピー性皮膚炎の症状を持つ子どもに8週間乳酸菌を摂取させたところ、その多くに症状やかゆみの改善がみられたという。

 アトピー性皮膚炎に特に効果があるとされる乳酸菌は、LGG菌やL-92株、KW3110株、K-2株、L-55株などである。


連載「乳酸菌で腸内環境を改善、がんも予防!」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子