シリーズ「DNA鑑定秘話」第33回

DNA鑑定秘話〜約3万年前、ネアンデルタール人が絶滅したのはなぜか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
888372-2.jpg

ネアンデルタール人が絶滅した理由は?(shutterstock.com)

 このシリーズDNA鑑定秘話第29回「現人類とセックスも!? ネアンデルタール人のDNAから人類の進化の謎を解く大発見!」では、ネアンデルタール人が絶滅した理由は「ホモ・サピエンスの人口が急増し、遺伝子の混合が何世代にもわたるにつれて、個体数が圧倒的に少なかったネアンデルタール人のDNAは、ホモ・サピエンスのDNAに吸収されたため、絶滅した」と推定している。

 一方、科学雑誌『 ナショナル ジオグラフィック日本版』(2008年10月号)は、やや異なる仮説を提示している――。

 1994年3月、スペイン北部ビスケー湾の南。人里離れた森にあるエル・シドロン洞窟を踏査していた探検家たちは、2個の人骨を発見する。この洞窟は、スペイン内戦のとき、人民戦線の兵士たちがフランコ軍の攻撃を逃れて隠れた場所だ。首都マドリードの科学捜査研究所が掘り出した約140個の人骨をDNA解析すると、人骨は約4万3000年前に洞窟周辺で暮らしていたネアンデルタール人の集団の化石骨と判明した。

 マドリードの国立自然科学博物館の学芸員アントニオ・ロサス氏らは、洞窟からネアンデルタール人9人の化石骨1500個の断片を発掘。頭部や腕の骨を叩き割ったり、石器で肉を削ぎ取った痕跡があったことから、骨の持ち主は人肉食の犠牲になったと推察した。

 ネアンデルタール人は、およそ20万年前にアフリカを出てユーラシア大陸に向かった。その生活圏は、ヨーロッパ全域から中東やアジアに及び、東はモンゴル、西は英国、南は地中海沿岸からジブラルタル海峡、ギリシャ、イラク、北はロシアまで達していた。人口は最大でも1万5000人程度と推定される。

 およそ10万年前にアフリカを出てユ−ラシア大陸に渡った現人類は、中東やその周辺エリアで先住民のネアンデルタール人と遭遇し、異種交配(性交渉)もしていたと考えられる。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

市民のためのがん治療の会代表。舌がん治療による体…

會田昭一郎

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛