生田斗真さんが性同一性障害役を主演~学会初の認定医誕生で公的医療保険適用か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真家のベッティナ・ランスによる美しきトランスジェンダーの世界

 しかし、世の中は広い。ところ変われば、性の多様性が、肯定的に、美しく、受け止められている。パリの「ヨーロッパ写真美術館」は、ヨーロッパ随一のコレクションを有し、注目度の高い企画展を常に展開する、現代写真の宝庫だ。

 ここで今年1月から3月27日まで、多くの人を惹きつける企画展が開催されている。写真家のベッティナ・ランス(Bettina Rheims)展だ。

http://www.mep-fr.org/evenement/bettina-rheims/

 彼女の作品群の中で、一際、観覧者を釘付けにする写真がある。『ジェンダー・スタディーズ』と名付けられたシリーズだ。本シリーズは2011年に制作されたもので、デザイナーとコラボして、さまざまな国のトランスジェンダーの人に、彼ら自身の魅力を引き立てる衣装を着てもらって、ポートレート撮影している。

 モデルとなった人々は、男性か女性かという前に、ありのままの一人の人間としてフィルターに収まり、それぞれに美しい。実際、生物学的性別(SEX)が男女どちらか、写真からはよくわからない人も多く、性差の固定概念が取り払われる新感覚を得られる。

 ベッティナ・ランス氏は、フランスに生まれ育ち、米国ニューヨークで多感な20代を過ごした後、パリに戻って写真の道を歩んだ女流アーティストで、アバンギャルドな作風が、世界的に評価されている。女性のポートレートを得意とし、かなり初期の段階からモデルやストリッパーのヌードを手がけ、数多くの有名人を撮影した。

 一方で、ある時期から、トランスジェンダーに惹かれ、混迷する現代の性をモチーフにした作品を多く発表するようになった。

 本質的な美を追求するアーティストが、かくも美しく表現する、ボーダーレスな性を内包する人々。もしかしたら、「性同一性障害」を認定するという、新たな枠組みそのものが、次なる固定概念を生むのかもしれない。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇