同性愛者が生まれるカギをにぎる最新研究「エピジェネティックス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7c.jpg

LGBTの象徴レインボーカラー nito/PIXTA(ピクスタ)

 神奈川・横浜の大さん橋で、10月31日~11月1日の2日間、LGBTへの理解を深めようというイベント「横浜レインボーフェスタ2015」が開催されている。

 LGBTとは、Lesbian(レズビアン)・Gay(ゲイ)・Bisexual(バイセクシャル)・Transgender(トランスジェンダー)の頭文字をとったもので、同性愛や性同一性障害をもつ人々の総称だ。7色のレインボーカラーが、LGBTの象徴的な色で、当日はイベントの前後に、横浜マリンタワーが7色にライトアップされる予定だ。

なぜ遺伝的に自然淘汰されないのか?

 日本では、LGBTという言葉の浸透度はまだ低い。社会的な理解も乏しいが、そうした性的指向のある人々がいるという認識は、広まってきている。テレビに登場する「オネエキャラ」の活躍も一役買っているようだ。

 ところで、どうしてLGBTの人々が生まれるのかは、これまでずっと謎だった。環境や心理面など、後天的な要因の可能性も多分にあるが、遺伝要因も無視できない。ただし、これまでに有力な遺伝子は発見されていない。また、LGBTの人々同士では子孫を残すことができないため、遺伝的には自然淘汰するはずだが、その気配はない。

 そんな中、謎解きのカギをにぎるのでは、と注目されている研究がある。「エピジェネティクス(epigenetics)」という分野だ。エピ(epi)とは「外側、その上」、ジェネティクス(genetics)は「遺伝学」という意味で、すなわち、従来の遺伝学を上回る部分の研究を指す。

エピマークが恋愛対象者の性別を決定する

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛